1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 果実酵素

栄養素カタログ No.110果実酵素

酵素パワーを味方に!

すっかり秋めいて参りましたね!
秋の食材はおいしいものが多く、ついつい食べ過ぎてしまいますよね…
胃もたれやぐったり感は酵素不足のサイン。
そんなときは野菜や果物が持っている「食物酵素」をチャージしましょう!

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士  山中

生命のパートナー「酵素」

普段のお食事で摂る栄養も、それ単体では体の中できちんと働くことができません。
酵素があって初めて栄養がエネルギーに換わり、お肌や筋肉、全身の細胞が作られていきます。人間にとって酵素はとっても大切…生きていくためには酵素が欠かせません。
まさに、生命にとって欠かせないパートナーなのです。

酵素の役割分担

■からだの中にある酵素“潜在酵素”
人はもともと2種類の酵素を持っています。

① 代謝酵素 …細胞の生まれ変わり、毒素の排泄、免疫力を高めるなど健康的なからだをキープする役割
② 消化酵素 …食べたものの栄養を体が簡単に吸収しやすいように細かく砕く役割

この2つはシーソーのようにバランスを取っています。食べ過ぎにより“消化酵素”を浪費してしまうと、いっぽう“代謝酵素”の使える量が減ってしまうので、太りやすくなったり、風邪を引いたり、お肌が荒れたり…メンテナンスがしっかりと行われないと、疲れも溜まりやすくなります。逆に“消化酵素”を節約すれば、その分多く“代謝酵素”に回すことができ元気とキレイを手に入れられます。

このように体内にもともと酵素は存在しますが、生きていくなかでどんどん消費されてしまうものです。そのため、外から補う必要があります。

■からだの外から取り入れる酵素“食物酵素”
野菜や果物が、本来生き延びるために生み出した酵素は、“食物酵素”と呼ばれます。体内に取り入れることでわたしたちが持っている“消化酵素”のサポート役となってくれます。

“食物酵素”を上手く取り入れ、体内の酵素を節約・温存し、健康と美容の味方につけましょう!

“食物酵素”を賢くチャージ

①酵素をたっぷり含んだものを食べる

普段口にする身近な食べ物にはひとつひとつ役割を持った酵素が含まれています。野菜だとレタス・キャベツ・ニンジン・セロリ、果物だとパパイヤ・パイナップル・バナナ・キウイ・アボガドが特に食物酵素をたっぷり持っています。 

②生の状態で食べる

ただ野菜や果物を摂れば良いというわけではなく、“食物酵素”には熱に弱い性質があり、48℃を超えると次第に壊れ始めていくため、ゆでる、煮る、炒める、揚げるなどの調理はNG!

③新鮮な食材を選ぶ

“食物酵素”は時間が経つにつれて失われます。
新鮮かつ生の野菜や果物であることがポイントです。
紙パックやペットボトルに入った野菜や果物のジュースは、加熱殺菌されているため、残念ながら酵素は入っていません。

“食物酵素”をたっぷり摂ると…

①代謝があがる…お肌のターンオーバーが活性化され、乾燥・ニキビ知らずのつやつやなお肌に!血流が改善され余分な脂肪をジワジワ燃焼!
② 免疫力があがる…細胞が活性化し、細菌に対する抵抗力が強くなる!
③ 腸内が整う…善玉菌を増やし腸に活力!老廃物を体外へどんどん排出!

こんな方は酵素不足!

  • 生野菜・果物を食べない方 
  • 早食いしてしまう方 
  • 満腹になるまで食べることが多い方 
  • 加熱調理した食品を食べることが多い方

サプリメントのご紹介

フルーツエンザイム

酵素の王様・パパイヤとパイナップルから抽出した酵素です。ハトムギも配合されているため、さらに美容効果もプラス。

商品の詳細はコチラ

イーストエンザイム

酵素が不足しがちな現代人の食生活をサポートします。

商品の詳細はコチラ