1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. オリーブ葉

栄養素カタログ No.107オリーブ葉

日差しに負けず、ハツラツに過ごしましょう!

段々と暑さが増してきましたね。
今日は、「太陽の樹」とも言われるオリーブの小さな小さな葉っぱに秘められたパワーについてお話しさせて頂きたいと思います。

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士  村田千尋

オリーブ葉ってなに?

オリーブは地中海地方を原産とするモクセイ科の常緑高樹。
高さ10Mにも成長し、寿命の長い樹で樹齢3000年を超すオリーブの木もあるそうです。
オリーブの葉は、長さ5cm~8cmで硬く細長くて先端がとがっています。葉の表は、光沢のある一般的にオリーブグリーンと呼ばれている濃緑色で、裏は銀白色でコントラストがいいのが特徴です。

オリーブ葉の注目されている成分

【オレウロペイン】
ポリフェノールの一種。 抗菌・抗酸化作用が非常に強く免疫細胞の活性化に効果的で感染症の予防などに使われています。 抗酸化作用によってシミの元となるメラニンの生成を抑えてくれます。また、コラーゲンの生成をサポートするので若々しさを保ちたい方には必見の栄養素ですね。

【ヒドロキシチロシル】
ポリフェノールの一種。殺菌、解熱、鎮静作用があることから古代では歯茎が腫れたときは、葉をはちみつ漬けにしてそのエキスを塗って使われていたと言われています。

【オレイン酸】
良質なオイルに含まれる不飽和脂肪酸のひとつ。悪玉と善玉のコレステロールのバランスを整え、サラサラな毎日をサポートするので、健康診断の気になる方にもおススメです。

【エレノール酸】
ウィルスの成長を抑えるだけでなく、カラダの免疫を活性化してくれ風邪やインフルエンザに負けない毎日をサポートしてくれます。

オリーブ葉のポリフェノールの摂り方

オリーブ葉をそのまま食べようと思っても苦くて大変…。
でも実は簡単な摂り方があるのです。それはお茶として摂る方法です。
ポリフェノールは水溶性なので、お湯でその成分を溶かし出して恩恵を受けることができます。
天日でよく乾かした葉を、細かく刻み、お湯を注いでお好みの濃さまで蒸らすと出来上がり。

実と葉の栄養素の違い

オリーブの実と言えば、イタリア料理やスペイン料理のトッピングとしても知られていますよね。
オリーブの実にはどのような栄養素が含まれているのでしょう・・・
オリーブの実には「若返りのビタミン」と言われる、ビタミンEや便秘の改善に効果的なオレイン酸が豊富に含まれています。
他にも免疫力の向上、抗酸化作用、悪玉コレステロールの減少などの効果もあると言われています。
しかし、オリーブの葉の方がやはり抗酸化作用はつよいようです。
ちなみにエネルギーは100g当たり118kcal程度と非常に低カロリーなのでダイエット中に不足しやすい栄養素の補給にもオススメの食材です!

サプリメントのご紹介

ワンズプロテクトビューティー

オリーブ葉やシトラス果実、ローズマリー葉など、地中海が育んだ植物を配合。
日差しが気になる方に。

buybtn.png

オリーブ&イソフラボン

オリーブ葉、ラクリス菌、大豆イソフラボンを配合。
美しさを大切にしたい方、女性らしさをキープしたい方に。

buybtn.png