1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. コレステロールとEPA・DHAの関係

コレステロールとEPA・DHAの関係

コレステロールとは

よく「卵はコレステロールが高いので食べられない。」話を聞きますが、
そもそもコレステロールって何でしょう?
実は、コレステロールも中性脂肪と同じく、体内に存在するあぶら(脂質)の一種で、
カラダにとって重要な役割があります。

コレステロールの重要な役割
●細胞の材料になる。
私たちの体は約60兆個の細胞によって作られています。コレステロールはその細胞の膜を構成する大事な成分になります。
●ホルモン(副腎皮質ホルモン、性ホルモン)の材料になる。
副腎皮質ホルモンは、ストレスを受けた時、成分の調整が必要な時に分泌されるホルモンです。
●胆汁酸(消化液)の材料になる。
胆汁酸は消化管での脂肪の消化吸収を助ける働きをします。

このスタッフの店舗を見る
栄養士 劉 佳

悪玉コレステロール、善玉コレステロールって?

適度なコレステロールは上で述べたように体に必要なものが多くなりすぎると体内で酸化されて、動脈の内側に蓄積し血流を悪くしてしまいます。それによって、血栓や動脈硬化の原因になります。

LDL(悪玉)コレステロールは、全身にコレステロールを運び、血栓形成や動脈硬化の原因になります。

HDL(善玉)コレステロールの役割はコレステロールの回収役で、血液中に残ったコレステロールを回収して、肝臓に運ぶ役割をします。

回収されたコレステロールはホルモン、胆汁酸の材料になり、余分なものを排泄させます。

このような役割の違いから、増えすぎない方がいいLDLコレステロール「悪玉」(酸化してしまうと危険)、血液中に残ってしまったコレステロールを回収してくれるHDLコレステロールが「善玉」とよばれるのです。

hyou1.png

食物繊維とコレステロールの関連性

食物繊維は、腸内のコレステロール自体も体外に排出する性質もあるため、腸から吸収されるコレステロールの量を抑えてくれます。

食物繊維には、水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性があります。悪玉コレステロール値を下げる作用が強いのは水溶性です。

水溶性の食物繊維を多く含む食品は、ほうれん草、かぼちゃ、にんじんブロッコリーなどの野菜、大豆、枝豆などの豆類、わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類やこんにゃく、リンゴ、バナナ、イチゴ、キュウイなどの果物があげられます。 

不溶性の食物繊維は、腸の働きを活発にしてお通じの改善に役に立ちます。多く含まれる野菜の一例としてごぼう、たけのこ、とうもろこしなどがあります。

善玉コレステロール値を有酸素運動で上げましょう

日頃の心かけで、健康な美しい体を作ることができます。1日の歩数が多いほど、総コレステロール値や中性脂肪値は低くなり、善玉のHDLコレステロール値は高くなっていきます。HDLコレステロールは、運動を続けるほど増加し、やめるともとに戻ってしまいます。適度な運動を継続して行うことが肝心です。

タウリンとコレステロール値

タウリンとはアミノ酸の一種でカラダのすべての組織に含まれています。様々なアミノ酸が絡まって作られるようなタンパク質にはならず、単体で存在します。体内で作られますが、その合成量は少なく不足しがちな栄誉素のひとつです。
カルシウムは血圧コントロールに役立つというのは有名ですが、タウリンはそのカルシウムを取り込む量を調整したり、血管壁にくっついてしまうコレステロールを減らしたりする働きがあり、毎日のサラサラをサポートしてくれます。
また、サラサラに深い関りがある血小板にもタウリンが調整役として働きかけ、血栓の予防になると考えられています。
血糖値をコントロールするインスリンはすい臓から分泌されますが、その細胞の働きをサポートすることでも知られています。

水溶性食物繊維を多く含む[野菜]
・ブロッコリー
・にんじん
・ごぼう
・カリフラワー

水溶性食物繊維を多く含む[フルーツ]
・オレンジ
・バナナ
・リンゴ
・キウイ

水溶性食物繊維を多く含む[海藻類]
・昆布
・わかめ
・ひじき

[タウリン]を豊富に含む食品
・牡蠣
・ほたて
・あさり
・タコ

栄養士のオススメ

◆ イヌリン(水溶性食物繊維)
水溶性食物繊維の一つです。水溶性食物繊維はコレステロールの代謝や排泄を促進して、中性脂肪やコレステロールを抑制します。

◆ 牡蠣抽出物
牡蠣に含まれるタウリンはコレステロールの排出をサポートし、血中コレステロールのコントロールに役立ちます。

◆ 大豆イソフラボン
ポリフェノールの一種であるフラボノイドに分類される成分で、抗酸化パワーがあり、コレステロールの酸化を防ぐ役割を果たします。

◆ レシチン&EPA、DHA
大豆と青魚の良質なオイルがサラサラに働きかけます。カラダの中でも脳は約65%が油性の組織です。良質な油を摂ることはとても重要ですね。

コラム一覧へ戻る