1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 良い汗かいて爽やかな夏を!

良い汗かいて爽やかな夏を!

汗対策には抗酸化成分がオススメ

じめじめとした季節になり汗が気になる場面も増えてきました。

汗なんてかきたくない!と思っている方も多いかと思いますが、
汗には大事な役割があるのです。
今回はそんな、「汗」について今一度振り返ってみましょう。

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士 内田貴之

なぜ汗をかくの?

体温を調節するためです。汗をかいて体温を調整できる動物はヒトだけと言われています。ほかの動物はパンディングと言われる浅い呼吸を繰り返し呼吸器から水分を蒸発させる方法で体温を調整しているといわれています。

180324__.jpg

汗には種類がある?

汗が分泌される場所は2つあります。

エクリン腺
体温の調節の際にはこちらから汗が分泌されます。エクリン腺から分泌される汗の成分は99%が水分と言われており基本的には無臭です。
しかし、エクリン腺の働きが鈍ってしまっていると水分以外の成分、塩分やミネラルなどの分泌が高くなってしまいそれがにおいの原因につながってしまいます。汗のべたつきが気になるようでしたら、それは汗腺の機能が低下しているサインかもしれません。

180320..jpg


アポクリン腺
アポクリン腺はワキの下や陰部、耳の中、肛門、乳輪など限られた部位に存在する汗腺です。粘り気のある汗を分泌します。たんぱく質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれておりこれらの成分が常在菌により分解されることでにおいの原因となります。栄養がたっぷりの汗なので菌も繁殖しやすい汗となります。こまめに拭くなどの対策が必要です。

汗対策にはチャコールがオススメ.jpg

良い汗をかくには?

<汗腺トレーニングをしてみましょう!>
普段から汗をかいていないと汗を分泌する汗腺という汗を分泌する器官の働きが弱り、水分以外の成分が多く出てしまいます。その結果がにおいのもとになってしまうので普段から汗をかく習慣を作りサラサラな汗をかけるようにすることが大切です。

●有酸素運動
定期的に適度な運動をすることが汗腺を鍛える最も効果的な方法と言われています。運動するぞ!!と意気込んで運動するのではなく、通勤の際に一駅分歩いてみたり、エスカレーターではなく階段を使うなどして少しずつ運動を日常に取り入れていきましょう。

180317.jpg

●身体を温める食べ物
食事をとり汗をかくことも汗腺トレーニングになります。夏場には冷たい食べ物が食べたくなりますが、冷たいものばかりでなく温かい食べ物も意識的にとるようにしましょう。辛い物をとりいれることも効果的です。

●半身浴
半身浴を行い汗をしっかりかくことで弱っていた汗腺を目覚めさせることができます。サウナや岩盤浴もこのような効果があるといわれており、運動はどうしても…という方にはこちらがおすすめです。夏場はシャワーだけで済ませてしまいがちですが、汗をかく機会を作るためにもしっかりと浴槽に浸かり体を温める環境を作ってあげましょう。

.png

●エアコンに当たりすぎない
エアコンに頼りすぎてしまうと汗をかいて体温を調節する機能が低下してしまうので、設定温度を必要以上に低くしないようにしましょう。

<体内の環境を変えることを意識しよう!>
●食事を振り返る
お肉中心の食生活や、塩辛いもの、脂っこいものの多い食生活は汗のにおいを助長させてしまいます。お食事のたんぱく源にお肉だけではなく、魚や大豆を取り入れたり、野菜を意識的に取り入れましょう。

180319..jpeg

●お通じケアに力を入れる
身体のデトックス機能の約75%は便が担っているといわれています。便の排泄を促しこまめに老廃物をデトックスすることでにおいのもとを体外に出せるようにしましょう。

栄養士のオススメ

◆ シャンピニオンエキス
腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きがあり、腸内の異常発酵を抑え有害物質であるアンモニアや硫化水素、メルカプタンといった腐敗成分を中和することが出来、消臭の効果があるといわれています。

◆ 伊那赤松炭
赤松炭には油分を吸着してくれる働きがあります。食事由来の油分を吸着し、余分な脂が体内に吸収されるのを防ぐことでにおいの改善が期待できます。

◆ シトラス&ローズマリー
シトラス果実とローズマリーの葉のポリフェノールの優れた抗酸化力が、汗と交じりあいにおいのもととなる皮脂の酸化を防いでくれます。

17healthyone_1200628_1.png

コラム一覧へ戻る