1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. きれいなヘアとDNAの関係

きれいなヘアとDNAの関係

汗やジメジメでお肌の調子がイマイチ…

海やプール、キャンプなどのアウトドアで気づけば髪の毛がいうことをきかない!
という方も。紫外線と湿気とエアコンの乾燥により失われがちな夏の美髪について
お伝えいたします。

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士 藤田寛未

夏に髪の毛が言うことをきかないのはなぜ?

湿気の多い日本の夏。梅雨から引き続き髪の毛がバサバサ、まとまらない…なぜなのでしょうか? それはうろこ状になっているキューティクルに関係があるのです。普段はピッタリと閉じているキューティクルのうろこですが、これが開いてしまうと、その隙間から水分が入ってしまい髪の毛が膨らむことによりごわつきにつながります。 またキューティクルが閉じていると表面がつるんとしており指通りもスルスル♪また、鏡のように光を跳ね返し、ツヤツヤとしたヘアですが、開いてしまうと…

20170807.png

髪の毛が痛む原因と対策は?

・ヘアカラー・パーマ
アルカリ性の成分で髪の毛の色を抜いたり、アミノ酸の結合を切ったりしますが、このアルカリ成分が痛みの元に…。酸性の成分で後処理をきちんと行ってあげたり、カラー直後用のシャンプ―・トリートメントを使ったりすることで痛みを最小限に抑えることができます。

・紫外線
紫外線が髪の毛に当たると紫外線は吸収され、酸化されることで髪の毛を構成しているケラチンタンパクが不安定になり傷みに繋がります。帽子や日傘でカバーするだけでなく、髪用のサンスクリーンも活用したいですね。

・お風呂の後の自然乾燥
濡れた状態は上記のようにキューティクルが広がっており、一番傷みやすいタイミング。濡れた状態でタオルでゴシゴシ拭くのも傷みにつながるので、優しく拭きましょう。ドライヤーを使い素早く乾かすのが美髪のポイント。温風で乾かした最後に冷風でこもった熱を取ってあげることも忘れずに。

・プールや海
夏だからこそ!の遊びワクワクですが、お風呂後と同じく濡れた状態は傷みやすいタイミング、プラス紫外線で髪の毛にとっては過酷な環境です。濡れた状態で日に当たる時間を少なくし、おうちに帰られてからのトリートメントなどでのアフターケアをしっかりとしてあげましょう。

・生え変わりのスピード低下
髪の毛は毎日0.3~0.4mm伸びるとされています。女性ホルモンの影響で男性よりも女性は早く伸びるようですが、栄養不足・睡眠不足・活性酸素の影響でこのスピードが遅くなると細い毛やうねりのある毛が増えてしまいます。昔はくせ毛じゃなかったのに…髪の毛のボリュームが気になる方は要注意かもしれません。

美髪のための栄誉素とは?

・髪の毛の成分は約8割がタンパク質。
忙しいときはつい、炭水化物(パンやおにぎり、麺類)で済ませてしまいがちですが、それではタンパク質が不足してしまいます。女性の1日に必要なタンパク質量は卵で考えると約9個分…!ステーキで考えると約2枚!!3食きちんと食べてもタンパク質は不足しがち。アミノ酸サプリメントやプロテインをうまく活用するものオススメです。

・髪の毛をコーティングする油分。
例えばカラダの中の油がドロドロしていたら、皮膚や頭皮から分泌される油分もドロドロになってしまいます。夕方にはギトギトしてしまう方はこれが原因かもしれません。オメガ3の良質な油でサラサラをキープ出来ていると、しっとりと潤いのある皮膚や頭皮をキープできトラブル知らずに。

・ビタミンとミネラル
ビタミンとミネラルはヒトがもともと持っている酵素の働きをサポートし細胞の生まれ変わり(新陳代謝)を促します。細胞の生まれ変わりがスムーズだと髪の毛も常に新しいものが作り出され、きれいな状態をキープできます。ミネラルの中でも特に亜鉛は新陳代謝と関りが深いと考えられています。

栄養士のオススメ

◆ アミノ酸
タンパク質が不足しがちな方にオススメ、髪の毛の主成分であるアミノ酸をバランスよく摂りましょう。アミノ酸はお肌・ホルモンなどとも関りが深いので、美と健康のトータルサポートとしても役立ってくれます。

◆ オメガ3(アマニ油)
オメガ3はエゴマ・アマニ・フィッシュオイルなど様々な種類があります。どのオイルもオススメですが、アマニ油はクセが少なく取り入れやすいですよ。カプセルタイプのものだと保管にも気を遣わず、持ち運びもできるので、続けやすいと人気があります。

◆ 核酸
細胞の生まれ変わりに関りが深い核酸はお食事でも撮ることができますが、白子やイクラなどなかなか普段口にする機会が多くはないハズ…。 しっかり補給することで、生まれたてツヤツヤの細胞が元気に活動できるカラダをキープすることができます。

◆ 亜鉛
新陳代謝時の酵素の材料となる亜鉛。素材を加工することで減ってしまうので加工の工程が多い外食時には不足しがち。亜鉛不足で味覚障害になるというのを聞かれたこともあるのではないでしょうか。味を感じる味蕾(みらい)細胞は特に新陳代謝が早いので、不足が続いた際に一番変化が出やすいと言われています。不足した状態がさらに続くとお肌・髪の毛・爪などにも変化が出てしまうので、意識して補っていきましょう。

コラム一覧へ戻る