1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 細胞膜の重要性

細胞膜の重要性

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋。

これから秋の季節が訪れ、過ごしやすい季節を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか? そんな季節を健康的に過ごすために栄養素を効率よく吸収する身体作りをしていきましょう!

このスタッフの店舗を見る
栄養士 小杉卓

細胞膜とは?

細胞膜とは主に脂質でできていて全細胞の外側に存在します。 栄養素の吸収や悪い物質の遮断、老廃物の排泄など体のメンテナンスをするうえでとても大切な働きをしています。

食べても身にならないのはナゼ?

健康に気を配って食べ物を選んで食べているのに一向に体感がでない…
食べ物はすぐに体感が出る物ではありませんが、体感をしやすいような身体作りをすることはできます。 食べても身にならない原因には消化力や腸内環境、などありますが、もう一つ細胞膜の状態も とても関係してきます。
どんなに生活環境が良く腸内環境が整っていても細胞膜がしっかりしていないと血中に栄養素を送れても細胞一つひとつに吸収される量が少なくなってしまいます。
全体のバランスが大切ですが腸内環境はよくネット等で出回っていますが細胞膜の修復に関してはあまり出回っていません。
しっかりと細胞を修復することがより栄養素を効率的に吸収でき、健康に繋がります。

細胞膜をキレイにするには?

・呼吸をするうえで活性酸素という物質は常に発生していますがこの活性酸素の一部が細胞を傷づけてしまう悪玉活性酸素になってしまします。悪玉活性酸素を増やさないためにも過度な運動や添加物の多量摂取、ストレスをため込まないような生活を心がけましょう。

・細胞膜は先ほど述べたように脂質からできています。
そしてその脂質は主にオメガ3と言われる脂質と大豆などからとれるレシチンという脂質からできています。
オメガ3は青魚やエゴマ油等から摂取できますが酸化が激しいためすぐに劣化してしまい身体に取り入れることが難しい栄養素です。 レシチンは水と油を混ぜてくれる働きがあるので身体の中でオメガ3の吸収を良くしてくれます。

なので、オメガ3とレシチンをバランスよく摂取することが大切です。 なるべく悪玉活性酸素を発生させないようにし、お魚、大豆を食べる習慣を取り入れると細胞膜が元気になっていきます。

栄養士のオススメ

◆ ホスファチジルセリン
ホスファチジルセリンはリン脂質の一種で細胞膜を正常にしてくれます。
リン脂質は細胞膜に存在しているのでホスファチジルセリンを摂ることで栄養素の吸収を上げてくれます。
主に脳に多く存在しているので仕事の効率を上げたい人や認知症予防等に効果的です。

◆ オメガ3
青魚やエゴマ、チアシードなどに多く含まれる脂質で血液をさらさらにしてくれることで有名です。コレステロールを正常にするだけでなく細胞膜を柔らかくして栄養吸収を高めます。
最近では男性の不妊治療にも効果的なのが明らかになっています。
しかし熱や空気に弱くすぐに酸化してしまうためサプリメントを取り入れるのもおすすめです。

◆ ミネラル
身体の調子を整えてくれる働きがあります。
血中にバランス良く栄養素を行き渡らせたり、たんぱく質や脂質等大切な栄養素を吸収するのに欠かせない栄養素です。
しかし今日の食生活では添加物の多量摂取でミネラル不足の人が多くなっており、疲れや貧血、骨粗鬆症や睡眠障害を引き起こしている人も少なくありません。
バランスよくミネラルを取り入れるためにお肉や野菜、果物をバランスよく摂取していきましょう。

コラム一覧へ戻る