1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 夏に負けないつるつるお肌へ!

夏に負けないつるつるお肌へ!

毒素は身近に溢れており、日々体に蓄積されてしまっています。

毒素を溜め込むと肌荒れやシワ、くすみの原因になるだけでなく、
痩せにくい体質の原因にもなります。
上手にデトックスするポイントは、日々の習慣や食生活できちんと排出することです。
ちょっとしたポイントをご紹介いたします。これで夏の毎日をすっきりさせましょう。

このスタッフの店舗を見る
栄養士 石川実季

デトックスって何?

デットクスとは老廃物を排出することです。
体の中に出来た余分な代謝産物を、一般的に「老廃物」と呼んでいます。
例えば…
・腸で発生するガス
・尿素
・尿酸
・アンモニア
・乳酸など
・有害ミネラル など

どんなに自然派、健康志向の生活をしていても体内で余分な物は作られていくので、どれだけきちんと出せるかが重要になるのです。

老廃物(毒素)は体のどこから出ていくのでしょうか。
便(75%)尿(20%)呼気、汗、目やに,垢など(5%)から出ていくと言われており、一番排出されているのは便です。便秘が良くないと言われている理由がよく分かりますね。
20160704grafu.jpg

毒素の出口ふさいでいませんか?

体に入り込んだ毒素は、毎日体外に排出されています。
特に重要な排出口が、便、尿、そして汗です。つまり、便秘は、便だけでなくさまざまな毒素を体にため込んでしまっている状態といえます。

便秘解消は、毒素排出の絶対条件。

また、トイレ
を我慢してしまったり、汗をあまりかかなかったりという生活では、毒素が十分に排出されません。水分補給をしっかりして、入浴や運動で汗をかくことも大切です。

デトックスのキーとなる内臓の働き

老廃物を体外にしっかり排出するには、内臓の働きを元気にする事が大切です。

① よく噛んで食べる(目指せ1口30回!)
内臓の働きを高めるためには、日頃から消化の良い食事を心がけ、よく噛んで食べるという事が一番。実は簡単なことですが、ついつい急いで食べてしまう方も多いと思います。いつもより少しだけ意識して行ってみてください。

② 体を温めて内臓機能UP
体が冷えていると内臓機能が低下してしまいます。夏は特に冷たいものを摂取しがちです。冷房の部屋でのホットティーなどもおすすめです。

③ 足の筋肉を動かす
やはり下半身の筋肉を動かすことです!朝活など流行っていますよね?暑い日でも朝の時間はまだ比較的涼しいですね。いつもの時間にプラスしてみませんか?「足は第二の心臓」と言われています。足の筋肉が弱くなると血液、リンパの巡りが滞るので、少しずつでも動かしましょう。

④ シャワーだけでなく湯船に浸かる習慣を
湯船に浸かって汗を出す事も、血の巡りを促し、内臓機能を高めてくれます。「有害物質が排出されるのは便よりも汗からだ」とも言われていますので、発汗は代謝や美肌に大切です。

栄養士のオススメ

◆ 乳酸菌
毎日帰宅は夜遅く、夜ごはんもドカッと食べそのまま疲れ果てシャワーを浴びて就寝。こんな生活の方の腸内環境は良い菌が少ないかもしれません。善玉菌を増やして元気できれいな毎日を!

◆ プラセンタ
「内臓はお肌の写し鏡」と言われるほど大切です。プラセンタ(胎盤)は赤ちゃんが卵から成長までに必要な物質の供給に関わっている大事な組織です。たんぱく質や酵素・ビタミン・ミネラル・豊富なアミノ酸など数百種類の成分が含まれ、キレイを保つ、スムーズに流す、などのカラダの機能をサポートする働きがあります。

◆ 食物繊維
食物繊維は、おなかのキレイの強いミカタ。しかし、現代人は不足しがち・・・。この時期においしいアボカド、オクラなどには善玉菌にエサにもなる「水溶性食物繊維」が豊富です。

コラム一覧へ戻る