1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. PMS

PMS

今や日本女性の3人に1人が抱えているPMS。あなたはご存知ですか?

症状は人それぞれで、頭痛や腹痛、吐き気や下痢、体のむくみなどの身体的なものから、イライラする、憂鬱になると言った精神的なものまで200種類以上あるとされています。 これらの原因の一つに、月経前に起こるホルモンの分泌の変化が大きく関わっていることが挙げられます。

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士 内藤彩香

PMSとは?

PMS(月経前症候群)は女性の月経前に起こる様々な心身の不調のことを意味します。

女性ホルモンの急激な増減から原因を読み解く

pms.png

月経前の女性ホルモンの変動により、生体リズムのバランスが乱れやすくなります。
そのバランスの乱れは代謝機能の不調と結びつき、身体的・精神的な症状として現れます。

なぜ、月経が近づくとイライラしたり、気持ちが沈みがちになるのか?

それには「セロトニン」というホルモンが大きく関係しています。
月経前に女性ホルモンが急激に減少することでセロトニンも同時に減少します。
セロトニンは"幸せホルモン"とも呼ばれ、頭をすっきりさせたり、心を落ち着かせてくれる働きがあります。しかし、女性ホルモンの変動でセロトニンの分泌バランスが崩れると精神的なダメージが現れやすくなります。

自分の体と向き合ってセルフケアを!

例えば...
①自分の月経周期を把握する
②規則正しい生活(バランスの摂れた食事、適度な運動、休息)で心身をいたわる
③太陽の光をたっぷり浴びてセロトニンを増やすなど。

月経周期は常に繰り返されていることで女性にとってとても大切なサイクルです。
少しでも毎日を快適に過ごすために自分に合ったケアをライフスタイルに取り入れてみましょう。

栄養士のオススメ

◆ 月見草
月見草の種子に多く含まれているγリノレン酸は、ホルモンバランスの乱れを整え、PMSの症状を和らげてくれます。また、生活習慣病やアトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。

◆ 西洋オトギソウ
セロトニンの血液中の濃度を上げることに関り、別名「パッピーハーブ」とも言われています。PMSや眠りのトラブル、ストレスや気分の浮き沈みなどに働きかけてくれます。

◆ チェストツリー
プロゲステロンの分泌をサポートしてくれるので、PMSに伴う食欲やメンタルバランス、月経リズムサポートにおすすめです。

◆ パッションフラワー
古くから鎮静作用があるとされ、神経の緊張や精神的な不安から起こる眠りのトラブルや頭痛などの症状を抑えてくれます。

コラム一覧へ戻る