1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 肝臓、酷使していませんか?

肝臓、酷使していませんか?

“沈黙の臓器”と呼ばれる肝臓。

かなり働き者で重要な役割を担いますが、
辛抱強く手遅れな状態になるまで悲鳴をあげない臓器です。
それは神経が通っていないから。不調の初期では自覚症状が出づらいため、
もしかしたらあなたの肝臓も気づかないうちに弱っているのかも?

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士 芝鈴奈

肝臓って何するところ?

①栄養素の代謝、貯蔵
食事から吸収されたもの(糖質、脂質、たんぱく質など)をエネルギーに変える発電所であり、逆に今後使えるように蓄える倉庫になったり、栄養素を身体の他の場所でも使えるようにそれぞれ変換させたりする役割をします。

②胆汁をつくる
腸で食べ物を細かくして吸収できるようにする助っ人である胆汁をつくります。
胆汁には界面活性剤の働き、つまり洗剤のようなパワーがあり特に油分分解の助けになります。
消化の助けになる胆汁ですが、胆汁自体には消化酵素は含まれません。胆汁はコレステロールから作られます。悪者とされることが多いコレステロールがカラダにとって必要不可欠な成分であることが分かりますね。

③解毒
アルコールや薬物などの有害物質を水に溶けやすい形に変え、尿や胆汁の中に排泄する働きです。この働きが限界を迎えると、全身に毒が運ばれてしまいます。
また、血液中を流れてくるウイルス、腫瘍細胞、壊れた赤血球などを肝臓の細胞内に取り込み、消化してしまいます。これも肝臓の解毒機能の一つと考えられています。

肝臓が疲れてくると

身体が暗い黄色っぽくなる、吐き気、全身のだるさ、疲れやすくなる、むくみ、眠気、不眠、
食欲不振、肌荒れ、シミやくすみが増える、爪が白くなる 等の症状が出てきます。

肝臓が疲れる原因

喫煙、お酒の飲みすぎ、外食や加工品からの添加物の摂りすぎ、薬の長期服用、
野菜の少ない食生活、ストレスや睡眠不足、便秘 等
当てはまるものはないでしょうか?

肝臓のためにいま出来ること

①食事バランスに気をつけ、適度な運動をし、過度な栄養を溜め込まないようにしましょう!

②睡眠時間をしっかりとり、横になることで肝臓への血流促進。
寝ている間に肝臓が元気になります!

③喫煙、必要以上の薬の使用、過度の飲酒はやめましょう。
飲酒での死亡率は意外に、「全く飲まない方」よりも「少し飲む方」の方が低いのだそうです。
お酒は楽しく適量に♪どうしても飲んでしまう時は必要な栄養素を補ってアフターケアを…!

栄養士のオススメ

◆ ウコン、牡蠣抽出物
ウコンは解毒機能促進、胆汁分泌促進、利尿、強心、抗菌、抗潰瘍、血中コレステロールの抑える働きがあるといわれています。

◆ L-オルニチン、L-アルギニン、L-リジン
チーズやシジミに多く含まれるオルニチンは解毒力を高めてくれます。また、納豆や卵に含まれるリジンは肝臓の発電所を活性化し代謝UP!また、この3種類の必須アミノ酸は成長ホルモンの分泌量をアップさせることができ、良質な肝臓づくりを助けてくれます。

◆ 牡蠣抽出物
牡蠣にはタウリンと呼ばれる栄養素が豊富に含まれていて、内臓全体に働きかけ、活性化しカラダを守ってくれています。

17healthyone_1200628_1.png

コラム一覧へ戻る