1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養素カタログ
  4. コラーゲン

栄養素カタログ No.102コラーゲン

ハリのあるお肌にはコラーゲン

乾燥の原因はコラーゲン不足???

冷たい風と乾燥で、お肌の負担が多いこの季節。
しっかりと保湿をしているのに乾燥してしまう。。。
そんなお悩みはありませんか?
肌は水分を蓄えられる準備ができていないのかもしれません。
今回はお肌と体にとって大事なコラーゲンの働きをご紹介します。

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士  上野智子

コラーゲンとは

コラーゲンは体を構成する大切なタンパク質の一種で、皮膚や骨、血管などあらゆるところに存在しています。体の細胞と細胞を接着剤のようにつなぎとめる働きをしているため、 張りのある肌や、しなやかな血管、丈夫な体を作るために働く必要な栄養素です。
20歳をピークにコラーゲンは減少していき、60代では20代に比べ約75%までに低下するといわれています。年齢だけではなく、紫外線やストレスによって発生する活性酸素によってもコラーゲンの質は低下するといわれており、肌のハリが失われたり、骨や関節がもろくなる原因になります。

お肌とコラーゲン

お肌の下では、コラーゲンが網目状に張り巡らされており、その隙間をヒアルロン酸が水分を抱えながら埋めています。コラーゲンがピンッと張り柱の役割を行うことで、水分を蓄える十分な隙間を作り、お肌はハリと弾力を保つことができます。コラーゲンがあることで、しっかりと水分を蓄えられる状態ができるわけです。

こんな方へ

お肌に元気がない
体の土台をしっかりと作りたい
いつまでもハリのある体でいたい

サプリメントのご紹介

コラーゲン

低分子のコラーゲンと、アミノ酸を含むロイヤルゼリー由来と、酒粕由来のペプチドを配合。
お肌への吸収率にこだわり、「摂る」だけでなく自ら「作る」ことができる配合です。

bana.png