1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養素カタログ
  4. イブニングプリムローズ

栄養素カタログ No.12イブニングプリムローズ

王様の万能薬

夜に花を咲かせ、朝にはしぼむことから、日本では、月見草・待宵草などと呼ばれている、 イブニングプリムローズ。種子からとれたオイルには、脂肪酸の一つ、 「γ(ガンマ)リノレン酸」がたっぷり含まれています。
実は今、サプリメントの本場アメリカでは、このようなオイル系のサプリメントに 注目が集まっています。
今回は、そんな注目サプリメントの一つ、イブニングプリムローズをご紹介致します。

プロスタグランジンの整えにはイブニングプリムローズがオススメ

イブニングプリムローズとは?

学名 : Oenothera biennis L.
科名 : アカバナ科
別名 : メマツヨイグサ、月見草、Evening star

原産地はアメリカで、17世紀にヨーロッパに持ち込まれました。
「王様の万能薬」と呼ばれていた通り、老若男女をとわず、あらゆる症状に使われて いたというおスミつきのハーブです。
万能薬といわれるその秘密は、種子のオイルに含まれるγ-リノレン酸。
体の中で、プロスタグランジンという物質に作り変えられ、からだの中のあらゆる不調を 治すため、日々働いています。

女性ホルモンバランスにはイブニングプリムローズ

主な働きは?

○炎症・痛み・腫れの調整
○血圧・血糖値・血中コレステロールの降下、調整作用
○胃腸機能と消化酵素の分泌調整
○腎機能と流動調節
○神経の伝達をスムーズに
○各種ホルモンの産生
○免疫アップ
○気管支喘息・アトピー性皮膚炎の改善

アトピー改善にはイブニングプリムローズ

といったところでしょうか?
生体調節ホルモン、生理活性物質とも呼ばれ、体の機能のメンテナンスを行う、 いわば「体内の整備士」。
プロスタグランジンが体の中に充分にあれば、毎日健康にすごせそう…。
そのためには、原料となるγ-リノレン酸が体に満ちていることが大切ですよね。
しかし、普段の食事で補えている人は、ほとんどいないと言われています。

bana.png

まずは体の中のγ-リノレン酸量をチェックしてみましょう!!

〇アトピー性皮膚炎、湿疹、喘息などの症状を持っている
〇動物性脂肪の多い食生活である
〇塩分、糖分の多い食生活である
〇食生活が乱れがち、外食が多い
〇高血圧、高血糖、高コレステロールのどれか一つでもあてはまる
〇肥満
〇PMS(月経前症候群)、または、生理が乱れがち
〇関節が痛い
〇ストレスを感じている
〇飲酒、喫煙

ガンマリノレン酸を増やすイブニングプリムローズ

当てはまるのはいくつでしたか?
一個でも当てはまる方はγ-リノレン酸不足の可能性があります。
三個以上ならレッドゾーン。
…というと、たくさんの方がγ-リノレン酸不足となってしまいますが、
実は仕方の無いことなのです。

美肌にはイブニングプリムローズがオススメ

γ-リノレン酸が作れない!?

γ-リノレン酸は、イブニングプリムローズと母乳にしか含まれていませんが、 普段は食物中のリノール酸からつくられます。
リノール酸(食物中)→γ-リノレン酸→プロスタグランジンの順に変換されているのですが、 最近の研究により、リノール酸→γ-リノレン酸の変換がうまく出来ない人がいることが 分かってきました。それも、4人に1人という高確率です。
さらに、本来上手な変換ができる人でも、食生活の乱れ、お酒の飲みすぎ、 ストレスなどによって変換がジャマされてしまうこともあるそうです。

ストレスにはイブニングプリムローズがオススメ

他にも、PMSの女性は、血中のγ-リノレン酸値が少ないことや、γ-リノレン酸が 豊富な母乳で育てられた子供の方が、粉ミルクで育てられた子供よりも、 アトピー性疾患にかかりにくいというデータも出てきました。
まだまだ研究途中ですが、ビタミン、ミネラルなどと共に、γ-リノレン酸などの脂肪酸も、 私たちの生活に欠かせない栄養素だったんですね。 脂肪酸を上手に摂って、環境や生活習慣にゆるぎない体を作りましょう!!

美肌にはイブニングプリムローズがオススメ

サプリメントのご紹介

イブニングプリムローズ

月見草という植物の種子からとれる良質なオイルをカプセルに凝縮。このオイルには、母乳などに含まれる貴重な脂肪酸「γ(ガンマ)-リノレン酸」がたっぷり。
デリケートな現代人の美容と健康を支えます。

bana.png

月見草オイル

γ-リノレン酸を豊富に含みます。カプセルが苦手な方にも。

bana.png

QA.png