1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 知っていますか?野菜のパワー

知っていますか?野菜のパワー

知っていますか?野菜のパワー

暑さも和らぎ、食べ物がおいしく感じる秋。つい好きなものだけ食べがちですが、ほんの少し心がけるだけで健康に役立つものです。夏に様々なダメージを受けた体には、たっぷりの野菜が必要です。


  

このスタッフの店舗を見る
栄養士

どのくらい必要? 

健康を維持するために必要なビタミン・ミネラル・食物繊維などを補給するには・・・
♦成人の野菜の摂取量(1日当たり〉・・・350g以上
  そのうち 緑黄色野菜・・・120g以上 といわれています。

実際には8割程度しか摂れていないのが現状です。

 野菜を1日分十分に摂るためには?

・生よりも火を通してカサを減らす
・毎食野菜を摂るように心がける
外食では
・単品物よりも定食を選ぶ
・具だくさんなものを選ぶ
・野菜の小鉢を加える
 

 野菜のパワー・・・それは「ファイトケミカル」

ファイトケミカルとは、植物が紫外線の害や虫から自らを守るために作り出した物質。たとえば、トマトの赤・にんじんの黄・ホウレン草の緑・ぶどうの紫など野菜や果物に含まれる色素成分がファイトケミカルなのです。1日に野菜(350g)、果物(200g)を摂ると十分といわれています。
 
 

 ファイトケミカルの働き

強い抗酸化力で活性酸素の攻撃から細胞を守ります。
  
・アンチエイジング
・生活習慣病の予防
・解毒酵素の誘導
 
  など、健康維持に不可欠な成分です。
 

野菜の色素による健康効果 
 

野菜の色 色素 効能 代表的な野菜
カロテノイド系
(リコピン・カプサイシンなど)
がんの 予防 動脈硬化の予防
胃腸を丈夫にする
トマト
赤ピーマン
金時にんじん
赤唐辛子
黄色 カロテノイド系
(アルファカロテン・ベータカロテンなど)
心臓疾患の予防
免疫の増強
かぼちゃ
にんじん
黄色ピーマン
ポルフィリン系
(クロロフィルなど)
抗アレルギー
体臭・口臭の抑制
ほうれんそう
緑ピーマン
褐色 フラボノイド系
(ケルセチンなど)
血管の保護
血行促進
中性脂肪の減少
たまねぎ
にんにく
アントシアニン系
(ルブロブラシンなど)
血管の保護
血行促進
抗アレルギー
赤キャベツ
赤シソ
プルーン
 

参考:「野菜の色には理由がある」毎日新聞社

栄養士のオススメ

 なかなか野菜が摂れない方へお勧めサプリメント
   
かんたんに野菜を補える「ビタミン・ミネラルのサプリ(ヘルシープラス)」がおすすめ。
 健康つくりだすためのサプリメント。野菜が持っている生命力を豊富に組み合わせました。 
 
 

コラム一覧へ戻る