1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 最近増えてきている!!男性不妊とその原因

最近増えてきている!!男性不妊とその原因

最近増えてきている!!男性の不妊

最近不妊治療などを行われている方は多くいらっしゃいますよね。そんな時代でも、不妊は女性だけのお悩みであると考えている男性の方も、残念ながらまだ少なからずいらっしゃいます。
しかし、不妊で男性に問題があるケースも少なくありません。不妊は女性だけのお悩みではなく、ご夫婦2人で取り組むものなのですよ。これを機に、奥様と一緒に不妊について取り組んでいきませんか?

このスタッフの店舗を見る
栄養士 進

栄養士のオススメサプリメントは一番下へ

男性不妊にはヘルシーワンのサプリメント

男性不妊の現状

今は少しずつ男性不妊などについての認識が強くなってきて、協力して取り組んでいるというご夫婦も多くいらっしゃいます。 その一方で『自分が原因のはずない』、『自分は大丈夫』と思ってしまう男性のお声も多く耳にします.男性不妊について、男性は『男として否定されている気がする』、『恥ずかしい』などを感じてしまうことが多いそうです。しかし、男性の不妊というのはそこまで珍しいことでもないのです。 世界保健機構(WHO)が男女別不妊原因割合を調査したところ、下記のような結果が出たそうです。

不妊は女性だけのお悩みと考えていた方にとっては、驚きの結果ではないでしょうか。男性のみと男女両方を合わせると、なんと48%!!    約半数を占めているのです。

男性不妊にはワンズ・ファクター

原因は精子にあり!

妊娠(受精)は、精子が卵子に到達して行われます。
しかし卵子にたどり着くためには、とてつもなく過酷な道のりを進んでいかねばならず、子宮腔への到達率は1/1000の確率といわれています。
また、最近では「精子奇形症」という、正常な精子ではなく、形が異変しているものの割合が多い場合も増えているそうです。
精子が奇形になっていると、受精ができにくくなると言われていますし、もし受精をしたとしても染色体異常で、無事に育たないことが指摘されています。

①精子の量が十分にあること
②元気な(運動率が高い)精子であること
③正常な精子が多いこと
この三つが大切と言われています。  

男性不妊にはオイスターエクストラクトがオススメ

男性不妊のリスクチェック~生活習慣~

 □ 疲れが多く、次の日まで疲れが残る
 □ 喫煙習慣がある
 □ 多量のアルコールの摂取をする
 □ 外食やファーストフードなどを食べることが多い
 □ ストレスを多く、溜め込んでしまう
 □ 過度な肥満である
 □ 冷えやすい

精子の活動量にはタウリンを含むオイスターエクストラクトがオススメ

おすすめ栄養素

■ビタミンE
精巣の機能を高め、精子の数を増加させると言われています。 さらに精子運動量を上げてくれるので、受精の確立を高めてくれると言われています。
実験でビタミンEを毎日200㎎ずつ投与した場合、精子数は4ヵ月後から増えはじめ、10ヵ月後には10倍近くになったという報告もあるそうです。
  【ビタミンEが多く含まれる食品】 アーモンド、落花生、アボカド、かぼちゃ等

男性不妊にはビタミンEがオススメ

■亜鉛(ジンク)
別名「セックスミネラル」といわれ、特に男性の生殖器官と深い関わりがあり、精液中には高濃度の亜鉛が含まれています。アメリカの研究では、亜鉛の濃度が高まると精子の数は増え、精子の運動量も増すことが確認されています。
亜鉛が不足してしまうと、精子数が減るだけではなく、弱った精子が多くなってしまいます。亜鉛は吸収が非常に悪いため、吸収を助けてくれるビタミンCを多く含む食材と一緒に食べることがおすすめです。
 【亜鉛が多く含まれる食材】 牡蠣、そらまめ、豚レバー、うなぎ等

不妊には亜鉛(ジンク)がオススメ

セレニウム〈セレン〉
男性不妊にセレニウムは深く関わっています。セレニウムの抗酸化作用によって、精子は守られており、体内に十分に存在するときは、元気で健康な精子が作られる事から、男性の不妊の改善にも役立つといわれています。セレニウムが不足してしまうと、精子の奇形率が上がってしまったり、精子数が減ってしまい、受精の成功率が低くなってしまうと言われています。
 【セレニウムが多く含まれる食材】 かつお、まぐろ、あじ、そば等

不妊にはセレニウム(セレンがオススメ)

普段の生活習慣で気を付けたいこと

チェックリストは、いくつあてはまりましたか?
ひとつでも当てはまる方は、ぜひ今日から生活を見直してみましょう!

1) 喫煙
昨今の禁煙ブームにより、以前より少なくなりましたが、やはりまだ多いのが喫煙。 百害あって一利なしというタバコは、男性不妊にとっても問題。 喫煙者は非喫煙者に比べ、精子量が10~17%減少、精子の運動量減少などという結果が出てます。

自分だけではなく、副流煙などにより奥様にも悪影響を与えてしまいます。 自分のためにはもちろん、奥様や未来の赤ちゃんのためにも、すぐにはやめられないかもしれませんが、少しずつ本数を減らすなど頑張りましょう!!

男性不妊にはアルギニン・オルニチン・リジンがオススメ

2) 飲酒
精巣内にアルコールを分解する酵素があり、アルコールを分解する際に出来るアセトアルデヒドという毒性の高い物質が精巣内で増えてしまい、精子を作る力を下げてしまいます。
さらには男性不妊では重要な亜鉛の吸収を妨げ、生殖能力を低下させてしまいます。と言っても、禁酒するなどの極端な行動で、ストレスを溜めてしまっては、元も子もありません。 多少のお酒ならストレス解消などにも良いので、適度に楽しみましょう。 ただし、過度な飲酒は控えてくださいね。

男性不妊にはマカがオススメ

3) 食事
最近、外食産業の発展で、外食やファーストフード、冷凍食品を食べる機会が多くなってきている傾向があります。 たまにであれば大丈夫ですが、お昼はいつも外食という方も少なくありません。
外食やファーストフードはついつい野菜などが少なくなってしまい、栄養バランスが良くない他に、化学調味料が多く使われています。 その化学調味料が精子量の減少や奇形などの危険性があると言われていますので、出来る範囲でお弁当を作ってみたり、外食をするにしても野菜を多めとしたバランスの良いものを選んでみたりしてみてはいかがでしょうか。

男性不妊にはソフォンがオススメ 

4) 疲れ・ストレス
働いていれば、少なからず疲れやストレスはありますよね。 その疲れやストレスが男性不妊の原因となってしまうこともあります。 疲れやストレスは、男性ホルモンの『テストステロン』の分泌量の低下から、性欲の減少や精子数の減少、さらには精子の運動量の低下などに繋がってしまいます。
疲れやストレスがあるのは、誰もが一緒です。なので、適度な運動や趣味などで、いかに上手に発散させるかが大切ですよ。奥様とどこかお出掛けなどすれば、奥様からのポイントUPにも繋がるかもしれませんよ!!

受精率のUPにはマカがオススメ

5) 肥満
BMIが高いほど正常な精子数や精子量が少なかったという実験結果があります。
原因として、肥満によるホルモン値の変化や精巣まわりの過剰な脂肪による加熱などが挙げられています。
過度のダイエットも男性不妊の原因になりますので気を付けてくださいね。 少しずつ食事やライフスタイルなどを変え、一歩ずつダイエットしていきましょう。 生まれてくる赤ちゃんのために健康で長生きしなくちゃならないですしね!!ちなみにBMIの最適数値は20~25となります。
BMIは、体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]で簡単に計算出来ますので、ぜひ計算してみてください。

男性不妊の原因にもなる肥満にはトリプルアミノがオススメ

栄養士のオススメ

C_310_3amino_bt.jpg

3-アミノ
~精子の数や運動量に~


成長ホルモンの材料であるオルギニン・アルギニン・リジンの3つのアミノ酸がしっかりと配合されたサプリメント。
その中でも、アルギニンは精子数を増やしたり、精子の運動量を高めたりする働きがあると言われていて、男性不妊ケアとして有名なアミノ酸です。
さらに成長ホルモンは疲れなどを溜まりにくい身体にしてくれるので、毎日がハードな方は特におすすめです。

cart01.gif 

herb_026_btl_maka.jpg

マカ&ロディオラロゼア
~ストレスの多い方へ~


疲労・ストレス・男性力減退などの男性不妊の原因を、しっかりとケアしてくれるサプリメント。 男性不妊だけではなく女性不妊にもおすすめなので、ご夫婦で召し上がっている方も多くいらっしゃいます。

cart01.gif 

sofon.jpg

ソフォン&レスベラトロール
~エイジングのサポート~


ソフォンは性ホルモンの材料であるDHEAの体内濃度を濃くする働きがあると言われていることから、男性不妊ケアとして有名なハーブです。DHEAは性ホルモンの材料なので、そのDHEAが少なくなってしまうと生殖機能が衰えてしまうと言われています。 25歳前後でDHEAの体内濃度は少しずつ低下してしまうため、ソフォン&レスベラトロールで補うのがおすすめです。

cart01.gif 

コラム一覧へ戻る