1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. この夏の紫外線からお肌を守ろう!!

この夏の紫外線からお肌を守ろう!!

この夏の紫外線からお肌を守ろう!!

紫外線からお肌を守るUVケアの選び方、化粧のポイント、食事の予防、サプリメントのオススメ!!

さて、今年も夏がやってきました。あなたは、紫外線対策していますか?今年は、ちゃんと紫外線対策をして、美肌を目指しましょう♪

このスタッフの店舗を見る
栄養士

ちょっとだけだから・・・

洗濯物を干すだけ、ごみを出しに行くだけ、ちょっとそこのスーパーまで・・・。
と何も対策をせずに外出していませんか??このちょっとの油断が何よりも怖いのです!紫外線を浴び、そのまま放っておくと

くすみ→見た目の肌が暗い→乾燥→くすみ→・・・

と悪循環が続きます。こうならない為にも紫外線対策が必要なのです。

紫外線を防ぐ為に

紫外線対策の効果的な対策の1つに、UVカットをする乳液をベースにお化粧することがあげられます。しかし、UVカット効果の高いものを厚塗りして、毛穴を詰まらせ、ニキビを作る方も増えているようです。

UVA⇒ 表皮だけでなく、真皮に達し、コラーゲンを壊してしまうもの(シワや皮膚の黒ずみの原因になるもの)
UVB⇒ 角質層や表皮のメラノサイトを刺激し、シミの原因になるもの

UVケアのSPF&PA

UVケアのSPF

PAFは、UVB(紫外線B波)を防ぐ時間の長さを示します。SPF30というのは、何も塗らないと20分で肌が赤くなるひとが、これを塗るとその30倍の600分(10時間)でようやく赤くなるという意味です。だから、普通の日常生活だとこれ以上高い数値でも防御率は変わりません。これ以上高い数字にすると、逆に肌への負担を増してしまいます。

UVケアのPA

また、PAは紫外線A波のカット率を表すもので3段階に分けられています。「+」の数が多いほど効果が高くなります。

この2つを知った上で、自分の肌の特徴や使用する場所などを考え、なるべくお肌に負担をかけないよう、かつ効果的な方法を選んで下さいね。

お化粧のポイント

大事なポイントはムラにしないことです。しっかり保水して、お肌を整えてから日焼け止めやファンデーションを使いましょう。ここでのひと手間を惜しまずムラなく防御することが大事です。また、顔の中でも紫外線を浴び易いのは、鼻の上、目の下の部分やほほ、そして首筋です。ここを念入りに対策して下さい。

その他の対策として、日傘、帽子、手袋、長袖、首筋にバンダナ、スカーフ、目にはサングラスを使うと良いでしょう。

食事で予防

紫外線による皮膚老化の予防には、ビタミンE(種実類、小麦発芽、玄米など)、ビタミンC(果物、野菜、イモなど)、β-カロテン(緑黄色野菜)、ビタミンA(うなぎ、レバーなど)、ミネラル(魚介類、海藻類)を摂るとよいでしょう。また、緑茶に含まれるカテキンも効果があると言われています。

栄養士のオススメ

サプリメントで美白対策

◆ L-シスチン サプリ
強力な抗酸化作用でメラニン色素の生成を抑え、新陳代謝を活発にして、メラニン色素の排出を助けるので、すでに沈着しているシミをケアしたい、シミを増やしたくない方にオススメです!1日1袋と持ち運びにも便利です。

◆ ビタミンC サプリ
シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、美しい肌づくりに欠かせないコラーゲンを生成します。ヘルシーワンのビタミンCは、天然で、胃にやさしく酸度を弱めたバッファード加工、そして持続吸収のタイムリリースなので、ナチュラルかつ効果的です。1日1粒なので簡単に召し上がれます。

コラム一覧へ戻る