1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 夏バテ肌ではありませんか?(美容)

夏バテ肌ではありませんか?(美容)

肌も夏バテしていませんか?

この時期に夏バテしているのは体だけじゃありません。
日焼け・冷房・汗っかきetc.過酷な夏の環境を何とか乗り切ってくれた私たちの肌。しかしそろそろ、「今年もツラかったぁ・・・」などと肌の悲鳴が聞こえてきませんか?秋は春夏冬に比べて肌荒れの原因が少ない時期です。今のうちに冬の乾燥に備えて夏バテ肌のケアをしておきましょう!

このスタッフの店舗を見る
栄養士

思いっきり楽しんだ夏、肌はこんなコトに・・・

肌がザラつく・・・

頬を触るとザラザラ、顔色がなんとなくくすんで見える。その原因は強い紫外線から肌を守るため角質が厚くなり、その角質がうまく剥がれ落ちずに残っているのです。
放っておくと、「肌の生まれ変わりがうまくいかなくなります。」

日焼けして黒い・・・

肌が黒くなった、もしくは赤くなった、皮がむけた。こんな場合紫外線によるダメージは相当なもの、日焼けを毎年繰り返すと肌の奥のメラノサイトが活性したままになりメラニン色素が出っ放しになり、
「やがて「しみ」や「そばかす」になります。」

毛穴が目立つ・・・

「あっ!鼻に黒いポツポツが!!」と気になったら、毛穴に汚れが溜まっている証拠です。これは夏に皮脂腺の活動が活発になって皮脂が過剰に出て、空気に触れ酸化したものです。
皮脂の排出がうまくいかないと、「毛穴が詰まってニキビの原因に。」

顔がテカテカ・・・

顔がテカテカ、触るとベタベタ。夏は皮脂分泌が盛んです。「テカり=オイリー肌」だと思いがちですが、一概にそうとも言い切れないのです。確かにオイリー肌はテカりがちですが、ある程度の皮脂は肌を守るために必要なのです。乾燥していると、肌が頑張って皮脂を出そうとするため、結果皮脂が多く出てしまいます。
「必要以上に皮脂を取り過ぎるのは注意しましょう。」

栄養士のオススメ

 夏バテ肌をサプリメントでケア

そんな夏のダメージを溜めてしまった肌、どーすればいいの!?オススメのサプリメントの紹介です。

◆ DNA
細胞の新陳代謝を活発にして、肌の生まれ変わりを細胞レベルから助けます。日焼けをしてしまったガンコな肌ダメージをリカバリーしましょう。現代人に不足がちなビタミンCも含まれています。

◆ ワンズ・ラボ・ストーリーホワイト
メラニン色素対策のアミノ酸L-シスチンがシミの原因となるメラニンを作らせないだけでなく、できてしまったメラニンも破壊して無色にします。シミができにくい肌システムを作り、白い肌へ導きます。

◆ ナチュラルB50、または、ナチュラルB100
ビタミンB群は「肌」、「からだ」、「こころ」を健康に保つビタミンです。皮脂の過剰な分泌を抑えるので、顔のテカリのお悩みにもオススメ!更に、体の中で6時間~12時間かけてゆっくり利用されるタイプなので、1日一粒で効率よく補給できます。

~冬の乾燥に向けて~

◆ セラミド
夏の肌ダメージのケアが終わったと思ったら、乾燥の季節に突入。冬も夏に負けず劣らず肌に負担のかかる季節です。みずみずしさと、柔軟性を維持しましょう。皮膚のバリヤー機能を高めて、乾燥・シワ・シミ対策!更に上皮細胞の状態が整うことにより、紫外線予防にも。

コラム一覧へ戻る