1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 凸凹(悪玉脂肪)対策

凸凹(悪玉脂肪)対策

いよいよ夏本番になってきました。

イベントが多く、おでかけの機会が増える楽しい季節ですが、同時にあるお悩みが出てくる方も多いのではないでしょうか。増えてくるお悩みとは『ダイエット』です。特に女性に多い『凸凹(悪玉脂肪)』をケアして、気になる部分をスリムにしていきませんか。

このスタッフの店舗を見る
長堀 英介

凸凹(悪玉脂肪)はどんな人に溜まってしまうのか。

ダイエットのイメージとしては、食べるものを減らす・運動をしなければならないと考えている方が多いのではないでしょうか。
しかし、悪玉脂肪はそれでは簡単に取れてはくれません。普通のダイエットでは、悪玉脂肪ではなく皮下脂肪や内臓脂肪に効果があるからです。
では、悪玉脂肪をとる・溜まらなくするにはどうしたらいいのでしょうか。

凸凹(悪玉脂肪)チェック

まず下のチェックをやって頂き、2つ以上当てはまった方は悪玉脂肪が溜まりやすい体質になっている可能性大!!

 □ 冷え性である
 □ むくみやすい
 □ 肩がこりやすい
 □ 一日の水分摂取量が1.5リットル以下だ
 □ 立ちっぱなし、座りっぱなしが多い

いかがだったでしょうか?
特に女性の方が多く当てはまったのではないでしょうか。
悪玉脂肪をとるには、大切なことが3つあります。

1. むくみにくい体質へ

むくみやすい体質の方だと、リンパの流れが滞ってしまい、水分・老廃物・コラーゲンなどが溜まりやすいのです。
その溜まってしまった老廃物などが固まり、凸凹(悪玉脂肪)になります。
水分代謝を良くして、老廃物を溜まりにくくするのが、普段の生活に取り込みやすいむくみケアです。
それでは簡単に水分代謝を良くするには、どうしたらいいのでしょうか。
それは、水分摂取量を多くすること。
水分摂取量が少ないと、身体が『水分が少ないから、溜めておこう』と思ってしまい、水分代謝が落ちてしまうのです。
水分代謝を上げるために、1日に1.5~2リットルの水分を摂取するのが望ましいでしょう。

2. 血行を良くしましょう

冷えや肩こりのお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
その原因として血行不良があげられます。
その血行不良が悪玉脂肪の原因となってしまうのです。
血行を良くすることにより、リンパの流れも良くなり、老廃物を溜めずに流してくれて、悪玉脂肪を溜めにくい体質にしてくれます。
血行を良くするには、マッサージや入浴・冷房に当りすぎないようにするということがあげられます。
特にマッサージは血行・リンパの流れを良くするのには、効果的と言われています。
悪玉脂肪が特に溜まりやすい脚のマッサージの方法として、基本的には端から中央に向けて行いましょう。
はじめは揉みほぐすように、手の全体を使って気持ちいい程度の力でマッサージしましょう。その後、手をグーの形にして、痛気持ちいい程度の力で押し上げていきましょう。

3. 生活習慣を見直しましょう

過度なストレス、栄養バランスが悪い、睡眠不足などの不摂生な生活を送っている方や、冷房に当たる頻度が多い方は自律神経が乱れてしまい、老廃物が溜まりやすい身体になってしまい、悪玉脂肪の原因になります。
自律神経が乱れてしまうと、凸凹(悪玉脂肪)が溜まりやすくなるだけでなく、疲れやすい・イライラするなどの普段の生活に支障が出てきます。
自律神経をケアして、悪玉脂肪を溜めにくくするには、ストレスを軽くすることが重要です。
自律神経を整えるためには、バランスの良い食事やストレスケアのための適度な運動が重要になってきます。
特に食事の中では、ビタミンB1が重要になってきます。
ビタミンB1は精神のビタミンと言われていて、神経系や精神状態に大きな影響をもたらすとされていて、ストレス社会の現代人には必要不可欠なビタミンです。
ビタミンB群はB2、B6、B12など、チームとなって働くのでバランス良く摂取することが重要です。
また、ビタミンB群は水溶性のビタミンです。体内に貯めておくことができないので、タイムリリースのサプリメントがおすすめです。

栄養士のオススメ

凸凹(悪玉脂肪)対策サプリメント

◆ ブラダーラック サプリメント
ブラダーラックやギンコが配合されており、凸凹(悪玉脂肪)の原因であるむくみや血行不良をケアしてくれる悪玉脂肪対策のエキスパート。

◆ ダンデライオン(タンポポ) サプリメント
水分代謝を良くして、むくみをケアしてくれます。お手洗いに行く回数が少ない方におすすめ。

◆ ビタミンB群 サプリメント
老廃物を溜まりにくくする他にも、脂肪を燃やしてあげるには必須のビタミン。
燃やしやすい身体へしてくれるダイエットのベースビタミン。

コラム一覧へ戻る