1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. どうする?年末年始の食べすぎ・飲みすぎ

どうする?年末年始の食べすぎ・飲みすぎ

どうする?年末年始の食べすぎ・飲みすぎ

年末年始は、忘年会にクリスマスと、ついつい暴飲暴食しがちです。摂りすぎたカロリーは
脂肪として体内にため込まれてしまうので、体重増加や生活習慣病のリスクを増やしかねません。
そんなこの季節をうまく乗りきるコツをお教えしましょう。

このスタッフの店舗を見る
栄養士

~肴ぬきでは飲めない~

お酒を飲む機会が増えるこの時期、体調を崩さず楽しく飲みたいものです。
お酒を飲む方の中には何も食べずに飲み続けるという方がいますが、
そんな飲み方は体をこわす原因になります。
ぜひ美味しい食べ物と一緒に、ゆっくりと飲むようにしてください。
オススメのおつまみは、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などを
豊富に含んだもの、例えば、枝豆はたんぱく質が多く、悪酔いを防ぐ
ビタミンB群も含んでいます。
肝臓に負担をかける脂っこいものや、血圧を上げる塩分の強いものは
なるべく避けるようにしましょう。

かしこい食べ方のコツ

食べ方もかしこく工夫すれば、食べすぎを防ぐことができます。
最初に食物繊維の豊富な野菜などから食べるようにしましょう。
消化がゆっくりになるので糖や脂肪の吸収をゆるやかにしてくれます。
会話を楽しみながらゆっくりよく噛んで食べることもオススメです。
お酒は瓶ビールや日本酒は注がれてしまい、ついつい飲みすぎてしまいます。
ビールならジョッキにしたり、サワーやカクテルなど自分のペースで
飲めるものにすると飲みすぎを防げます。
アルコール度数の高いウイスキーや焼酎をストレートやロックで飲むときは、
チェイサー(お水)をつけるようにしましょう。

食べ過ぎも肝臓の大敵

アルコールなどの有害物質を解毒する肝臓にとって、飲みすぎが負担に
なることはよく知られていますが、食べすぎも肝臓に大きな負担をかけます。
肝臓は腸で吸収された栄養素を貯蔵したり、様々な働きをしています。
栄養成分が過剰に摂取されると、それだけ肝臓の仕事が増えて負担となるのです。

肝機能低下にご用心

肝機能低下の原因は「暴飲暴食」「ストレス」「運動不足」など。
特に「アルコール」は要注意です。年末年始は宴会やパーティーなどで
暴飲暴食に陥りがちですが、過剰な糖分などから中性脂肪が合成されます。
肝臓に中性脂肪がたまりすぎて「脂肪肝」になると、重い肝臓病や
生活習慣病につながりやすくなります。
肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、かなり悪化するまで自覚症状がなく、
おかしいと気付いたときには深刻な状態になっているケースが多いです。
以下の項目に当てはまる方は、もしかすると肝臓が疲れているのかもしれません。

<肝臓の疲れからくる症状>
□根気がなくなった
□疲れやすい
□朝起きにくい
□新陳代謝が遅い
□ターンオーバーが遅れる
□くすみ、しみが目立つ
□お化粧のりがよくない

栄養士のオススメ

肝臓をサポートする成分

肝機能の低下は自覚症状がないのが特徴です。それだけに日頃から
肝臓に役立つ成分をしっかり摂り、年末年始を楽しく乗りきりましょう。
 
◆ ウコン サプリ
ウコンに含まれるクルクミンには胆汁の分泌を促す作用があり、代謝がスムーズに行われます。
クルクミンは、アルコール分解代謝作用を助ける働きもあるので、飲酒前にウコンを取ると、
悪酔いの予防に役立ちます。
 
◆ マリアアザミ サプリ
有効成分のシリマリンは抗酸化物質。肝臓の機能アップに役立ちます。
ウコンと同様に肝臓内の不要物を外に運び出す働きがあります。
 
◆ 亜鉛(ジンク サプリ)
亜鉛は肝臓で働いている多くの酵素の働きに必要です。
アルコールの分解に必要な酵素の作用を助けているので、不足しないように補う必要があります。
 
◆ ビタミンB群 サプリ
肝臓のさまざまな代謝活動に欠かせないのがビタミンB群。肝臓は多量の活性酸素が発生するので、
ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどの抗酸化ビタミンも重要です。
 

コラム一覧へ戻る