1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 紫外線から眼の保護を。

紫外線から眼の保護を。

紫外線から眼の保護を。

紫外線を浴びすぎると、瞳に対して、どの様な影響を与えるのでしょうか。

このスタッフの店舗を見る
栄養士

眼に見えないダメージ

紫外線と言えば、「お肌」をイメージされる方も多いと思われますが、「眼」も紫外線を長い時間、浴びる事で視力低下の要因となります。
私たちの眼球は光を感知する事で、生き物や物体の映像を脳に情報として伝達しています。
しかし、太陽光を長時間にわたって浴びると同時に、お肌と同様に眼も傷ついていくのです。
そして、傷ついたままで放置しておくと、「角膜炎」や「白内障」といった眼病の可能性を高めてしまうのです。

では、太陽光の「何」が原因なのか。
それは、眼には見えない「紫外線」です。

通常、何の問題もない状態であれば、紫外線を浴びても眼球内の「角膜」や「水晶体」というレンズにキャッチされ、吸収する事で、ダメージが軽減されるのですが、長い時間、太陽光を浴びすぎると、水晶体の吸収も限界を迎え、紫外線が眼の感知組織に届いてしまい、組織を破壊してしまいます。
感知組織が、破壊されると伝達信号が上手く作られず、視力低下の大きな要因となります。

※紫外線以外にも、パソコン・蛍光灯・TVなどの過度な光でも水晶体は老化していきます。

「夏の紫外線」は、他の季節と比べて、特に注意が必要です。
それは夏の紫外線そのものが人体への浸透力が強い事と、紫外線自身が反射する性質を持っている事です。
たとえ直接、紫外線を避けているとしても、ビル窓などに反射され、浸透力の強くなった紫外線を、間接的に浴びている可能性があるのです。

この様な対策の一つとして、サングラスや日傘で身を守る事も、非常に重要なのです。

紫外線から身を守る代表的な栄養素とは

1) ビタミンA
眼で感じる光の伝達信号の主成分になるほか、眼の表面の潤いも保ちます。
この潤いが、水晶体が受ける太陽光などの光のダメージを和らいでくれるのです。
また、直接ビタミンAを摂取するよりも、体内でビタミンAに変換されるβ‐カロテンを摂取した方が、ビタミンA過剰症にもなるリスクを抑えられます。

2) アントシアニン
ビル・ベリーという植物に多く含まれ、眼の伝達信号の再合成などをコントロールする働きがあります。
他にも、眼の周辺の血流に酸素や栄養を、スムーズに運ぶ役割も兼ねているので、眼の疲れや老化を防ぐ働きもあります。
また、アントシアニンは、摂取した4時間後に働き始め、その働きは一日中行われると言われるほど、魅力的な栄養素です。

余談ですが、ビル・ベリーとブルーベリーは違う果実であり、アントシアニンの量ではビル・ベリーがはるかに豊富です。

ここでは、紹介できませんでしたが、他にも多くの栄養素が、あなたの「眼」を紫外線や有害な光から守ってくれる働きがあります。
個人差によってその必要な栄養素は違いますし、生活リズムや食事なども関係します。ご自身に合わせたビタミンを使い分けていただければ幸いです。

※最後に、このコラムでは紫外線は一方的な悪者ですが、紫外線も森林などを透して適度に浴びる事で、体の成長や骨を強化、殺菌作用・代謝促進などの良い面も持ち合わせています。

コラム一覧へ戻る