1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 今こそ“免疫力”!風邪に負けない体づくり

今こそ“免疫力”!風邪に負けない体づくり

くしゃみ・鼻水・頭痛や悪寒・・・・・

今年も「風邪の季節」が到来!弱った体にはウイルスがそっと侵入してしまいます。免疫力を高めて、ウイルスの侵入できない体づくりに励みましょう!

このスタッフの店舗を見る
栄養士

どうして風邪をひくの??

風邪の多くは、ウイルス感染が原因で起こります。ウイルスは、200種類以上と言われており、これらは寒冷で乾燥した環境を好むため、主に、冬に増殖して風邪の感染を拡大します。その時に『過労や、体が冷えて抵抗力が衰えている』『乾燥した空気で喉や鼻の粘膜が傷ついている』が重なると、ウィルスが体に侵入してしまいます。

~免疫力ってなんだろう??~

免疫力とは、体内に入った細菌やウィルス、また体内で発生したガン細胞などの異物から身を守る力。本来生まれながらにして人間が持っている、自分で自分を守る力のことを言います。免疫力のほとんどは、血液中の白血球に存在しています。

風邪予防のポイント

水をこまめに飲む
ウィルスは乾燥した体が好き。こまめに水分補給をして、からだの潤いを保ちましょう。体内浄化にもつながり、疲れにくい体、すなわち風邪のかからない体ができます。

部屋の乾燥を防ぐ
ウイルスは水分と熱が苦手。室内は加湿器などで乾燥を防ぎ、室温も暖かくしましょう。

うがい・手洗い
風邪のウィルスは咳やくしゃみとともに飛んできて感染します。こまめなうがいでのどの減菌を。手洗いは、流水でも30秒しっかり洗えばほとんど無菌に。

のど・はなの粘膜を丈夫にする
ウイルスは乾燥して荒れた粘膜が好き。粘膜のバリア力を高めましょう。

栄養士のオススメ

◆ βカロテン サプリ
粘膜や皮膚を丈夫にして、潤いを保つビタミンです。免疫力を正常化するので、病気の回復を助ける上でも重要。

◆ ビタミンC サプリ
ウィルスを迎えうつ白血球の働きを強化して、風邪を予防。回復も早まります。ストレスでビタミンCは大量に消費されますが、心身ともにストレスが多いときには同時に免疫力も落ちやすいもの。「攻め」の風邪予防には、1日1000~3000mgは摂りたいものです。

◆ 亜鉛(ジンク サプリ)
免疫の機能を支えるミネラル。亜鉛が不足すると働きが滞る酵素は200種類以上。風邪をひきやすく治りにくくなります。細胞の新生を促すので、乾燥で切れた傷口の修復などにも。

◆ エキナセア サプリ
アメリカの先住民が愛用していた“抗ウイルス”ハーブ。ビタミンCと合わせて、日々の免疫ケアにとり入れる方が増えています。風邪のひきはじめは特におすすめ。花粉症やアレルギーにも良いといわれています。

ストレスを溜めない
ストレスをためると、免疫が低下します。適度な運動・栄養・休養の生活リズムをしっかり刻むことが風邪予防の基本となります。そして、生活にメリハリをつけてリラクゼーションを心がけましょう。

 

コラム一覧へ戻る