1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 息リフレッシュ、爽やかな毎日を!

息リフレッシュ、爽やかな毎日を!

日頃気になる自分や他人の臭いは?

この質問に対して、日本人が気になる臭い第1位はなんと自他ともに「口臭」です。ほとんどの人が自分自身で気をつけている一方で、他人の口臭を指摘できる人はごくわずか。臭いが気になる場面は、職場や学校、電車やバスの中、そして家庭などなど、、、日常生活のほとんどの場面が該当します。自分の臭いではっとなる前に原因と予防法を知り、どんな時でもスマートに過ごしましょう♪

このスタッフの店舗を見る
安嶋 駿

ロ臭って何?

口臭とは、口の中に住むバクテリアによって発生するガスと、肺から出るガスが、これらが混ざり合って呼吸によって排出されたものです。
口腔内には、実はたくさんの微生物が住みついています。その微生物たちが口臭のもととなるガスを発生させます。また、肺から出てくるガスとは呼気に含まれるもので、例えばニンニクの臭いやお酒の臭いがそれにあたります。

臭いの原因って?

お口の中にいるバクテリアが作りだす内的なにおい、「揮発性硫黄化合物」が主な原因です。
主な成分としてはメチルメルカプタン、硫化水素、などがあります。
また、食べ物の臭いなど外的なにおいもあるのです。

どんな時に?

  • 起床時
    起きてすぐは、一日のうちで最も口腔内微生物の種類と数は多いです。また、十分な唾液がないため、これらの微生物の発生するガスが濃縮されて、口臭として感じられることがあります。
  • 緊張時
    緊張時は口がカラカラに渇きます。この状態は起床時口臭が起こる状況に似ています。
  • 口呼吸
    口呼吸によって、口の中が乾燥すると同時に唾液の分泌量が減ってしまうことで発生します。
  • 空腹時
    空腹な状態で発生します。無理なダイエット、朝食を省くなどの食生活習慣によって、ひどくなることもあります。
  • 飲食後
    口の中に残った食べカスが菌のエサとなり、腐敗発酵し、口臭を発生させます。
  • 加齢
    歳を重ねると、口腔内に常にいる菌の変化から、悪臭を放つ菌の比率が大きくなることもあるのです。
  • 女性の生理・妊娠時
    女性の場合、人によって生理時あるいは、その前後に口臭がすることがあります。また、妊娠に伴う血液中のホルモンバランスの影響が考えられます。

口腔ケア・予防の習慣を!

  • 食事はよく噛むこと
    しっかりと食事中噛むことで、唾液の分泌を促し口腔内の乾燥を防ぎます。
  • 食後のお口のケア
    口の中を酸性にしないために、食後はガムを噛むのが効果的です。舌の上がきれいになると同時に、唾液の確保にもつながります。
  • 効果的な歯磨き
    起床直後と、就寝前の歯磨きが効果的です。食後は食べ残しを取り除くために行うのが目的なので、食後の歯磨きは、唾液の損失を防ぐために軽く行うのがオススメです。
  • 舌のケア
    歯磨きの際、舌を軽くブラッシングするなど食後の食べカスを舌に残さないようすることでバクテリアを増やさないようにします。
  • 適度な水分を取る
    適度な水分補給により、口腔の乾燥を防ぎ、かつ、唾液分泌の促進を図ることができます。
  • 口呼吸をやめること
    呼吸を口で行うと、口腔内が乾燥します。口呼吸をしないように意識することはもちろんですがガムなどを噛むことも、自動的に口呼吸を防止できます。

栄養士のオススメ

  • マスティックwithローレル
    マスティックは、ギリシャのヒオス島のみに植生するウルシ科の低木です。ギリシャの人々は昔からこの樹液をそのまま口に入れて噛むことで、お口の健康を保っていたと言われています。 今日では、口腔内を抗菌して歯周病や口臭を予防することや、プラークの形成を抑制することが認められています。
  • 月桂樹
    乾燥させた葉はローリエとも呼ばれ、香辛料として食用されてきました。月桂樹葉のエキスは料理をおいしくするだけでなく、抗菌作用や口臭抑制作用があると言われています。
  • 乳酸菌(ビフィズス)
    乳酸菌は腸に必要な善玉菌で、腸内の環境をしっかりと整えてくれます。腸内の環境が綺麗になることで口臭だけでなく便臭のにおいも改善されます。お口の臭いは、実は腸の調子も重要なのです。内側からしっかりケアしたい方、最近スッキリしない。そんな方にはこの乳酸菌がオススメです。

コラム一覧へ戻る