1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 猛暑の後は秋バテにご用心

猛暑の後は秋バテにご用心

いよいよ暑い夏も終わり、秋がやってきますね。

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…待ちに待った過ごしやすい季節です♪
それなのになんだか体がだるい、疲れが抜けない、やる気が出ない… こんな体の不調を感じていませんか?
もしかするとその不調は夏のダメージによる秋バテかもしれません。
徐々に気温が下がってくる今のうちからしっかり体を秋に切り替え、秋バテ対策をしておきましょう!

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士 河野 実穂

秋バテって?

夏に食欲の低下や体のだるさ、いわゆる夏バテだなと感じたことがある方は多いと思います。
では「暑さも落ち着き涼しくなってきたのに疲れが取れないのはなぜ?」と思ったことはありませんか?
秋バテとは寒暖差や夏の間に体を冷やしすぎたことが主な原因となり、暑さが落ち着き涼しくなってきた頃に体の不調が出てきてしまうことです。夏の間に冷たい食べ物や飲み物を多く摂った方、冷えきった室内や乗り物で長時間過ごした方は注意が必要です。
胃腸の働きが弱まっていたり、寒暖差により自立神経が乱れたりすることで、体が悲鳴をあげているかもしれません。

原因は大きく分けて2種類

①冷房冷え
体を冷やすと外との気温差に適応しようと自律神経が働きますが、体温調節機能を担う自律神経が対応できる温度差は5℃までと言われています。
そのため近年の猛暑により冷えた室内との気温差が大きくなると自律神経が乱れ、血液の巡りが悪くなり疲れやだるさ、肩こりなどの症状が現れます。

②内臓冷え
暑い夏の間に体を冷やそうと冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎると、内臓の温度まで下げてしまいます。食べ物の消化や代謝を担っている内臓の温度が下がると、食欲が無くなったり、血液の巡りが悪くなり疲れやすくなったりします。
内臓冷えは、手足などは冷えていないために自覚しづらく悪化させやすいのが特徴です。そのため隠れ冷えとも呼ばれています。

こんな症状は秋バテかも?

□体がだるい
□疲れやすい
□肩がこる
□頭痛がする
□食欲がない
□胃がもたれる
□やる気が出ない
□立ちくらみやめまいがする
□寝つきが悪い

暑さが落ち着いてもこのような症状がある場合は秋バテの始まりかもしれません。
夏バテは体力のない人や胃腸が弱い人がなりやすいですが、秋バテは冷えが原因となるため誰でも注意が必要です。

秋バテ対策にできること

① 食事
冷たい食べ物や飲み物は控え、体が温まるスープや温野菜を多めに摂りましょう。
胃が弱っているときにはあまり無理をせず、よく噛んでゆっくり食べるようにすると胃に負担がかかりにくくなります。

② 入浴&リラックス
暑い日はシャワーですませがちになりますが、ゆっくりお風呂に入って体を温め血の巡りをスムーズにしてあげることが大切です。リラックスすると副交感神経がオンになりストレスも軽減されるので、アロマや入浴剤などお気に入りの香りを見つけてみてもいいかもしれません♪。
寝つきが悪い方は睡眠前に入浴することで睡眠導入にもなります。

③ 温度
冷房の温度設定に注意しましょう。設定温度を1~2℃上げたり、使用時間を減らしたりして外との気温差を少なくすることで自律神経の乱れを防ぐことができます。冷気は下に溜まりやすく足先などは冷えやすいため、冷房の効いた室内で過ごすときは靴下やひざ掛けなどで冷えから守りましょう。

17eiyoshi_ichiranlink_ver2.png

栄養士のオススメ

シトルリン
血管を拡張し血流を促進する働きや疲労物質である乳酸の消費を促進します。巡りが気になる方や疲労回復にオススメです。

◆ ジンセン(高麗人参 サプリ)
鎮静作用と興奮作用の優れた二面性をもち、肉体的疲労にも精神的疲労にも働きます。また胃腸機能を整えてくれるため、食欲がわかない方にも。

◆ ビタミンE サプリ
強力な抗酸化ビタミン。酸化を抑え血行をよくしてくれるため、肩こりやむくみ、冷え症の改善に期待できます。黄体ホルモンの材料にもなるためホルモンバランスが乱れがちな方は積極的に摂りたい栄養素です。

QA.png

コラム一覧へ戻る