1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 毎年のツラいムズムズに!花粉症ケア

毎年のツラいムズムズに!花粉症ケア

一口に花粉症といっても、その原因は様々で人それぞれです。

花粉症にならないために、また花粉症でも出来るだけ症状が出ないようにするためには いくつかのポイントがあります。
まずは花粉症になりやすいライフスタイルを知ること、そして自分がどれに当てはまっているかを振り返ってみることが大切です!

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士  白石 恵

花粉症になりやすい人CHECK!

□子供の頃に食物アレルギーをもっていた
□脂っこい食べ物が好き
□食生活が乱れている
□睡眠不足気味
□便秘気味
□ストレスを感じやすい
□すぐ風邪をひく

花粉症の原因って?

野菜を食べず偏食・外食・インスタント食が多いと栄養のバランスが乱れ、
腸内環境が悪くなってしまいます。
腸は、様々な免疫物質が集まっています。従って、腸を整えることにより、身体全体の免疫力を正常に
保ち、花粉に対して過剰な反応を抑えます。
腸の老化は身体の老化と言われるくらい腸の健康は重要!
食生活で腸内環境を整え、善玉菌を増やして予防に繋げましょう。
また、アレルギー症状は自律神経と深くかかわっているため、ストレスで自律神経の調節が乱れ、
免疫バランスが崩れると、花粉症の症状も出やすくなります。

花粉症の予防・改善には食事から良い油や乳酸菌を摂ったり、ストレスを溜め込まないようにしたり、
生活習慣を見直してみましょう♪

花粉症ケアにオススメの食材

青魚・・・魚に含まれているDHA・EPAの不飽和脂肪酸は、炎症・かゆみ抑制作用があります。
海藻類・・・食物繊維で便通を促して腸内環境を整えましょう。
発酵食品・・・発酵食品には、腸を活発にしてくれる善玉菌が含まれています。
味噌・ぬか漬け・キムチ・ヨーグルトなどがおすすめです。

栄養士のオススメ

乳酸菌
善玉菌は腸内環境を整えて免疫力をアップさせ、花粉やその他のアレルギー症状を緩和してくれるといわれています。便秘しがちな方や下痢をしやすい方は腸内環境が乱れている可能性が高いです。ヨーグルト等をしっかり摂って、腸の中に善玉菌を増やしましょう。サプリメントを取り入れるのもおすすめです。

◆ ペパーミント
花粉症対策ハーブの代名詞である「ネトル」。
鎮静作用があり、咳や胸焼け、偏頭痛なども癒してくれるペパーミントも一緒に配合。

◆ オメガ3
オメガ3は炎症を抑えてくれたり、アレルギーを改善してくれる良質な油。
脳や血管、細胞膜、ホルモンの材料になる油はエネルギー源としても不可欠です。
クリルオイルは、注目の次世代オメガ3。
美しい南極海が育むクリルオイルは、アスタキサンチンも含み優れた吸収率となっています。

コラム一覧へ戻る