1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 若年性更年期障害とは?

若年性更年期障害とは?

20代30代に起こる若年性更年期障害とは?

若年性更年期障害について聞いたことはありますか?
更年期障害の症状が現れるのは、40代50代だけではありません。 生活習慣の乱れ、ストレスから来る自律神経の乱れがホルモンバランスと大きく関わっています。
毎日元気に過ごすためには、早い段階からのケアがとても大切です!

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士 村田七生

170520_...jpg

若年性更年期障害って?

本来、更年期障害が訪れるのは45~55歳頃の閉経の前後、約10年間と言われており、卵巣機能が衰えることで女性ホルモンのエストロゲンが低下します。このホルモンバランスの乱れに体が慣れるまで、様々な不調が現れます。

ところが、現代は女性が活躍する社会になり日々ストレスを抱えている女性が増加・・・

このストレスや過労が自律神経を大きく乱し、女性ホルモンが乱れることで20代30代でも、更年期障害と似た症状が出でしまいます。

“閉経している訳ではない” “生理前に限らず症状が出る”ことが特徴です。

原因は?

・重度なストレス
→交感神経が働き過ぎてしまい、自律神経が大きく乱れます

・極度な睡眠不足
→睡眠不足で正常なホルモン分泌ができなくなり症状が現れます。

・無理なダイエット
→女性ホルモンのエストロゲンは、卵巣だけでなく皮下脂肪組織からも作られており、皮下脂肪が減るとエストロゲンも減少します。

・ヘビースモーカー
→タバコに含まれているニコチンは卵巣の血行不良や血流減少などを引き起こし、一酸化炭素の働きにより酸素が欠乏します。エストロゲンを作るための酸素の働きが低下し、女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。

170608.jpg

症状をチェックしてみよう!

□月経不順
□顔がほてる
□寝つきが悪い
□手足の冷え
□動悸・息切れ
□イライラする
□疲れやすい
□やる気が出ない
□頭痛、めまい、耳鳴りがする
□肩こり、腰痛がする

17eiyoshi_ichiranlink_ver2.png

対策方法♪

ポイントは自律神経を整えてあげることです!

●睡眠時間をとる
毎日決まった時間に睡眠をとり、十分に休息がとれるよう意識しましょう。

●リラックスする方法を見つける
友達や家族とおしゃべりをして楽しんだり、一人でゆっくり時間を過すことや、好きな音楽を聴くなど自分の好きなことでリラックスすることが大切です。

●たくさん笑う
笑うことで交換神経と副交感神経のバランスを整えることができます。

●日光を浴びる
太陽の光を浴びることで、自律神経系のバランスを整える効果があります。

●落ち着いて深呼吸する
深い呼吸をすることで、副交感神経が働き、体をリラックスさせてくれます。

170921.jpg

毎日の食事を大切にしよう

① 決まった時間に1日3食、食事するよう心掛け、生活リズムを大切にしましょう♪

② ビタミンB群を意識して摂りましょう♪
→特にビタミンB12は自律神経を整えるために大切な栄養素です。主に食材では、しじみ、あさり、牡蠣、牛肉(レバー)、のりなどに多く含まれています◎

③ 大豆を積極的に食べましょう♪
→女性に嬉しい大豆レシチンや、イソフラボンが豊富に含まれています。毎日意識して摂るとホルモンバランスを整える他、肌トラブル改善にもおすすめ栄養素です。食材は、豆乳、納豆、豆腐、味噌、おからに含まれています。

171005.jpg

栄養士のオススメ

レシチン
人の体に存在する細胞の膜を構成するレシチン。細胞の生まれ変わりに必要なことはもちろんのこと、ホルモンバランスの調整にもとても大切な栄養素です!

◆ ビタミンB
ビタミンB群は自律神経を整えてくれる働きがあり、ストレスから守ってくれます。また、睡眠の質にも深くかかわる栄養素です。

◆ イソフラボン
女性ホルモンのバランスのサポートに大切なイソフラボン。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれます。また、抗酸化作用もあるためストレスとも闘ってくれます。

QA.png

コラム一覧へ戻る