1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 手を抜かないで!夏の乾燥対策

手を抜かないで!夏の乾燥対策

夏の乾燥「インナードライ」

暑い季節に入り、汗や脂でお肌の“ベタつき”が気になる頃ではないでしょうか?
そんな一見乾燥とは無縁の季節。
しかし、そのしつこい“ベタつき”は夏の乾燥「インナードライ」が原因かも!?

このスタッフの店舗を見る
管理栄養士 森

こんなことありませんか?

□脂取り紙をよく使う
□ニキビができやすい
□化粧が崩れやすい
□冷房の効いた部屋にいることが多い

実は、多くの方が「自覚のない乾燥肌」と言われています。
多くあてはまる方は要注意かもしれません!

インナードライって?

では、インナードライとはどのような状態なのでしょうか?
簡単に言うと、外はテカテカ内はカラカラになっている状態。
内側の乾燥が進むと、水分の蒸発を防ごうとして過剰に皮脂が分泌されます。
テカテカするからといって、脂取り紙を使いすぎたり洗顔をしすぎると また皮脂が過剰に分泌される原因に。

なぜ夏なのか

乾燥の始まりは角質層の乱れから。
→角質層とはお肌の一番外側の部分。お肌のバリア機能担当。
その角質層を乱してしまう、危ない要因が夏にはたくさんあるのです!

1.冷房
急激な温度変化や乾燥した冷風を浴びることは、お肌にとって大きなダメージに。

2.紫外線
老化の原因になる紫外線。お肌の内部が傷つくことでターンオーバーがうまくいかず、角質層まで乱れてしまいます。

3.汗
大量の汗をそのまま放置していると、角質層の保湿成分まで一緒に流れてしまいます。 汗はこまめにふき取りましょう。

対策

●正しいスキンケア
ごしごしと強くこすったり、ベタつくからといって化粧水だけで済ますのはNG。
洗いすぎずに、しっかりとした保湿を意識しましょう。

●正しい生活習慣
寝不足や栄養不足の状態が続くと、お肌のターンオーバーがうまくいきません。
暴飲暴食を控え、なるべく早めの睡眠を!

●紫外線対策
夏に要注意な紫外線。お出かけの際は日焼け止めや日傘でしっかり対策を。

17eiyoshi_ichiranlink_ver2.png

栄養士のオススメ

セラミド
セラミドは角質層で、細胞と細胞の間で水分と脂を保持してくれています。 お肌のバリア機能を高め、潤いを与えます。

◆ ビタミンA
皮膚や消化管などの粘膜を正常に保ち、感染症を予防したり乾燥を防いでくれます。

◆ ビタミンB群
ビタミンB群の中でもB2は皮膚と粘膜のビタミンと言われています。 また、抗酸化酵素とともに過酸化脂質を分解してくれる働きもあります。

QA.png

コラム一覧へ戻る