1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 夏こそ温活!その不調、温活で改善してみませんか?

夏こそ温活!その不調、温活で改善してみませんか?

71f6363bb5020c2520ec4c51421c3c99_s.jpg

7月になり日に日に太陽の日差しが強くなってきましたね。

暑さに比例して電車内や職場も涼しくなります。そんな快適な空間ですが、実は以下のような不調の原因である可能性があるのです。

□手足が冷えやすい         
□イライラしやすい
□スッキリ起きられない    □便秘、下痢が続く
□疲れが抜けない             □集中ができない など。

一つでも当てはまる方、温活始めてみませんか?

このスタッフの店舗を見る
栄養士 山本

20180712.jpg

冷えの仕組み

寒い冬、無意識に体をギュッと縮こまらせますよね。
体も寒いと感じると血管が収縮し、血液のめぐりが悪くなります。
血液は酸素や栄養だけでなく、温度も運んでいるため更に冷えが加速する悪循環に陥るのです。

冷えるとどうなるの?

先ほどのチェック項目の症状、実は冷えと自律神経が密接に関係しているために出る症状なのです。

本来体温の調節は自律神経が担っています。ですが、暑い夏に冷房がガンガンに効いた環境に入ると急激に体温が下がり自律神経が混乱してやがて乱れてしまいます。

自律神経は体のバランスを無意識のうちに整えてくれる神経。
ここが乱れることで上記のようなあらゆる症状が出てきてしまうのです。

20180712_2.jpg

温活とは

体を内側と外側から温めることを温活と呼びます。
温活を習慣化することで副交感神経が活発になります。
すると、血管が広がって血流が良くなり体温が上がります。
つまり体を温めることで冷えを改善し自律神経を正常に整えることができるのです。

温活の方法

~体外編~
①いつもより1枚多く服を着る
筋肉や血管が集まる場所を中心に温めると良いとされています。二の腕や太もも、お腹腰などがこれに当てはまります。
また、皮膚が薄く血管に冷えが伝わりやすい手足首や首も冷やしてはいけないポイントです。

②湯船に浸かる
一番リラックスできると言われる38~40℃のお湯に短くても10分以上は浸かりましょう。
半身浴よりも首から下が全部浸かる全身浴の方が断然効果的と言われています。
※心臓の弱い方は半身浴がおすすめ

~体内編~
①体温よりも高い温度のものを食べる
体内の酵素が働く温度は38~40℃。体温よりも低い食べ物ばかりだと酵素が働かず消化不良を起こしてしまう可能性があります。

②暴飲暴食をしない
暴飲暴食をすると、消化のために働こうとする血液が消化管にたくさん集まります。すると他の器官で使われるはずの血液も消化管に行ってしまい結果的に冷えが生じます。

③体を温める食材を食べる
・辛味成分が含まれるもの
辛いものを食べると汗が出ます。トウガラシのカプサイシンや生姜のジンゲロン、ニンニクのスコルジニンなどの辛味成分が体内で感覚神経を刺激して、体内のエネルギーが熱に変換されるからです。熱が生まれることで体温が上昇したり発汗したりするのです。
トウガラシ、生姜、シナモン、コショウなど

・土の中で成長する野菜
土の中で育つ野菜は水分が少なく、ビタミンEが豊富と言われています。 ビタミンEには血行を良くする働きがあるため温活には最適なビタミンと言えるのです。
ゴボウ、イモ類など

17eiyoshi_ichiranlink_ver2.png

栄養士のオススメ

ビタミンE
ビタミンEは血流をよくしてくれる働きのあるビタミンです。アーモンドやうなぎに多く含まれると言われていますが食事から十分量摂ることが難しい栄養素の一つです。末梢血管を広げることで、肩こりや頭痛、むくみの改善にも摂りたいビタミンの一つです。

◆ スコルジニン
ニンニクに含まれるスコルジニンが新陳代謝を活発にし、血管を広げて血流を良くする効果が期待できます。ヘルシーワンのガーリックは、このスコルジニンが通常のニンニクの2倍量含まれています。また、ヒハツというコショウ科の成分に温かくなる即効性があり、よりポカポカと体感しやすいサプリメントです。冷えの改善以外にも元気が欲しい時にもおすすめ。

◆ 伊那赤松炭
赤松炭の持つ遠赤外線効果には体を直接温める働きがあります。また、炭には体に不要なものを吸着し排泄する働きもあるため、腸内環境を整えつつ効率よく温活ができます。

コエンザイムQ10
心臓のポンプの機能をしてくれるコエンザイムQ10。冷えて流れの悪くなった血液を全身に送り届ける手伝いをします。全身の血液がスムーズに流れることでむくみにくい体作りが期待できます。

QA.png

コラム一覧へ戻る