1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 植物タンパク質を補給して日々の健康をサポート!

植物タンパク質を補給して日々の健康をサポート!

植物タンパク質を補給して日々の健康をサポート!

タンパク質不足の大きな要因は食生活の乱れや偏りです。以下に一つでも思い当たることがあったら、あなたもタンパク質が不足しているかもしれません。

●ダイエット中、食事制限をした

●忙しいので簡単に食事を済ませてしまう

●運動しても体力がつかない

●髪にコシがなくなってきた、肌にハリやツヤがなくなってきたと感じている

●なんだか集中力がなくなってきた気がする

一見、食事とは関係なさそうな心身のトラブルでも、実は食生活の偏りから起きるタンパク質不足が原因となっていることがあります。タンパク質不足のサインを見逃してしまうと、体ばかりか心にも大きな影響を与える可能性もあります。

このスタッフの店舗を見る
栄養士 殷

20180815_4.JPG

現代人のタンパク質摂取量は不足

戦後、日本人の食生活は「食の欧米化」に変わり、タンパク質の摂取量は増え続けていました。ところが、近年になって過度のダイエットや偏食傾向の影響で、タンパク質の摂取量は年々減少しています!今や1950年代と同じくらいまで落ち込み、摂取するべきタンパク質の量が摂れていない人も増えているのです。

20180815_2.jpg

タンパク質摂取量の平均値の年次推移(20歳以上)(平成7~27年)

出典 :平成27年国民健康・栄養調査(厚生省/厚生労働省)

タンパク質って何ですか?

自分のカラダがなにでできているか、意識したことはありますか?
カラダを構成する成分には、60~70%を占めている水分の他に「タンパク質」や「炭水化物」などがあります。「タンパク質」に至っては約20%、「炭水化物」は約0.5%と少なく、 水分を除く様々な成分の中でも「タンパク質」は、私たちが生きていく上で、必要不可欠な「3大栄養素」に含まれる成分です。それが、体内で一体どのような働きを担っているのか見ていきましょう。

美容効果

最近肌のツヤ、ハリがなくなってきたと言う声が多いです。実は私たちの体は筋肉や内臓だけでなく、肌や髪、爪に至るまでほとんどの部分がタンパク質でできています。ダイエットのために無理な食事制限をすると、タンパク質が不足してしまう危険があります。タンパク質が不足すると筋肉量が減少し、基礎代謝も低下してしまい、ダイエットにも逆効果となります。

タンパク質には、肌や髪、爪の状態を良くしたり、免疫力を高める働きもあるため、健康で若々しくいるためには必要量をしっかり摂らなければなりません。プロテインを上手に活用して、健康的に若さや美しさを保つようにしましょう。

ダイエット

ご飯やパンなどに多く含まれる糖質と比較して、タンパク質は消化吸収がゆっくり進むので、腹持ちがよく少量でも満足感を得ることができます。

さらに、食事を摂取したときに消費されるエネルギーはタンパク質を摂取した場合のほうが糖質や脂質より高くなるため、効率よくエネルギーを消費することができます。

美しいボディラインを保つためには、余分な脂肪を落とすだけでなく、程よく筋肉を付けて引き締まった体を作ることが大切です。筋肉を成長させるには、筋トレや運動前後に栄養を補給することも重要です。

どのぐらい摂っていい?

タンパク質の必要量は、成人だと体重1kgあたり1gが目安です。さらにスポーツする人は、より多くのタンパク質が必要となります。しかし、日本人のタンパク質摂取量は年々減少傾向に。スポーツする人だけでなく、すべての人にとって、不足なくタンパク質を毎日摂取することが大切です。

タンパク質を多く含む食品には、肉や魚、卵、乳製品などの「動物性」と、大豆などの「植物性」のものがありますが、毎日の食事からだけで摂取することはなかなか簡単ではありません。

20180815_5.jpg

植物性タンパク質って、なぜ女性におすすめなの?

必要な量のタンパク質を食事から摂取する場合、一緒に摂ってしまうのが脂肪です。動物性高タンパク質が多い食品には、多くの脂質を含むものがあります。脂質の摂取量が増えてしまうと体脂肪の蓄積につながるため、低脂肪のプロテインは、タンパク質の摂取において有効な手段なのです。

植物性タンパク質というのは、文字通り植物からとれるタンパク質です。一番有名な植物タンパク質は「大豆」です。大豆以外にも、豆類、穀物、野菜などにも含まれます。また、植物性タンパク質はダイエットの際に気になりがちな油脂をほとんど含んでいないため、低脂肪・低カロリーの食事を摂ろうとした時には理想的なタンパク質です。

<植物性タンパク質を多く含む食材の例>

大豆:低糖質なだけではなく、畑のお肉といわれるほど栄養価が高い。

玄米:食物繊維が豊富で、毎日スッキリ。

エンドウ豆:アミノ酸スコアが100に近い、アルギニンを豊富に含有する点が極めて魅力的です。

ヘンプ(麻の実):必須アミノ酸、必死脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどバランスよく含まれている。

*アミノ酸スコア:アミノ酸スコアは、食べ物に含まれる「タンパク質」の量と「必須アミノ酸」がバランス良く含まれているかを数字で表した指標となるもので、必須アミノ酸の数値が100に達しているものが質の良いタンパク質であると言えます。

17eiyoshi_ichiranlink_ver2.png

栄養士のオススメ

タンパク質
3大栄養素の1つであるタンパク質は、エネルギーになる他、カラダを構成する成分で美容や健康には欠かせません。

アミノ酸
アミノ酸はタンパク質を構成する成分で、含まれるアミノ酸のバランスでたんぱく質の質が決まります。

QA.png

コラム一覧へ戻る