1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. 栄養士コラム
  4. 正しい食欲で、食欲の秋を過ごしませんか?

正しい食欲で、食欲の秋を過ごしませんか?

20180914_1.jpg

何を食べても美味しく感じる“食欲の秋”がやって参りましたね♪

食べたいと思うのは身体が栄養を欲しがっている証拠だから♪
とついつい食べ過ぎてしまう方へ その食欲は本当に“正しい食欲”なのでしょうか?
美味しく楽しい秋を過ごすために、正しい食欲を手に入れましょう!

このスタッフの店舗を見る
栄養士 島津

ニセ食欲の原因

お腹が空いた!食べたい!という心の声のままに食べていたら、気づかぬうちに食べ過ぎてしまい、
翌日の胃もたれや、後日体重計に乗ってびっくりしてしまう!という方はいらっしゃいませんか?
私たちのからだは食べたもので成り立っています。
だからこそ、正しい食欲をコントロールすることが大切です。
では、なぜ食欲が乱れてしまうのでしょうか?
20180914_2.jpg
①ストレス
ご存知の通りストレスは正しい食欲の大敵です!
本来であれば、脳にとって必要なエネルギーが不足してしまうことを防ぐために、脳から「おなかが空いたよ」と指令が出ます。
そして正しい栄養バランスで食事が入ることで脳は満足し、「おなかいっぱいだよ」と指令を出します。
これが正しい食欲のあり方ですね。
しかしストレスを感じてしまうことで、脳の指令部分がショートしてしまい、おなかいっぱいになっても「おなかがいっぱいだよ」と指令がうまく出せず、ついつい食べ過ぎてしまうのです。
パンや甘いものなど精製された小麦や砂糖などは、ハッピーホルモンを分泌してくれるので、ストレスを感じ続けている脳はストレスから解放されるために甘いものを欲しがります。
疲れたときやストレスを感じた時に無性に甘いものが食べたくなるのは、これが原因なのです。
ただ本来体がエネルギーを欲しているわけではなく、ストレス脳が出している食欲なので、食べてもなかなか満足できないことも…!
20180914_3.jpg
②睡眠不足
睡眠不足でも、食欲がくるってしまうです。
「おなかが空いた」と指令を出すホルモンが常に作動し、「おなかいっぱいだよ」と指令を出すホルモンの働きが鈍ってしまいます。
そして空腹指令を出すホルモンには脂肪合成作用もあります。 食べ過ぎてしまう上に、脂肪合成が進んでしまうなんて…!
20180914_4.jpg
③早食い
ストレスもなく睡眠不足でもないのに、、、という方は、もしかしたら食べるスピードがはやいのかも? 早食いをしてしまうと「おなかいっぱいだよ」と指令が届く前に既に食べ過ぎてしまうのです。

20180914_5.jpg

食事で出来る対処法

●砂糖・小麦粉などの食品は避ける
上白糖や小麦粉など精製された炭水化物は、血糖値の乱高下につながり、よりストレスを感じやすくします。チョコレートならばカカオ濃度の高いものや、パンならばライ麦パンなどを選びましょう

●硬いものを食べる
するめなど、固いものを食べることで、噛むということをするようになります。
噛むことで、満足感や安心感をえる脳内物質が分泌されるため、リラックスにつながります。
また脳内の血流量も増え、集中力が高まる嬉しいメリットも♪

●青魚を食べる
青魚に含まれるドコサヘキサエン酸がストレスでショートしてしまう脳神経のサポートに働きます。

●食前にくるみ・アーモンドを食べる
食前にくるみやアーモンドなど植物性のオイルを摂ることで、満腹感が得やすくなり、食べ過ぎ防止につながります。
食物繊維やビタミンEなども豊富で美容に嬉しい効果もいっぱいです!
ただカロリーも高いので、1日てのひらに軽く1杯くらいを目安にお召し上がりください。

17eiyoshi_ichiranlink_ver2.png

栄養士のオススメ

◆ クロム
血糖値を安定させるミネラル。血糖値を維持することで、低血糖からくる甘いものへの食欲コントロールにもつながります。

◆ EPA・DHA
青魚に豊富に含まれるオメガ3.脳の神経組織の発育や、傷ついた神経細胞の修復なども行い、神経の潤滑油として働きます。

QA.png

コラム一覧へ戻る