1. ホーム
  2. サプリメントについて
  3. サプリメントコラム
  4. 味覚と亜鉛の関係

味覚と亜鉛の関係

新年がスタートし、早いもので、1月も後半ですね。

冬の寒さを乗り切るためには、温かいお料理が欠かせませんよね!

冬に食べたくなるお料理といえば、なんですか?
私は、味の濃いラーメンが無性に食べたくなります。(笑)

寒い冬は、鍋や韓国料理など、アツアツのお料理や辛いお料理に惹かれませんか?

これらに共通していることは…、
そうです!どれも味が濃いのです!

味の濃いものを食べる習慣がつくと、知らず知らずのうちに、食材本来の味だけでは、満足しない味覚になってしまうかもしれません…!

今年は味覚を整えて、食材本来の味を一緒に楽しみませんか?

まずは、味覚チェック!

以下、当てはまる項目に?してみましょう。
□味の濃いものが大好き
□コンビニ・ファーストフードが多い
□野菜中心で、肉をあまり食べない食事をしている
□極端なダイエットをしている
□喫煙をする
□ストレスが多い
□お酒を沢山飲む

一つでもチェックがついたあなたは、もしかすると味覚が鈍くなっているかも…?!

味覚障害について

最近では食生活の乱れにより、若い世代でも味覚障害が広まっているといわれています。

味覚障害を起こすと、味を感じない、または濃い味付けでないと、美味しいと感じなくなります。
口内には、舌を中心に「味蕾(ミライ)」という味を感じる細胞の集合体があります。
先ほどの味覚チェックであてはまる項目が多かったり、習慣化していると味蕾を構成している細胞の新陳代謝が悪くなり、味覚が鈍くなります。 

~味覚は健康のバロメーター??~
では、味覚障害が引き起こされる原因を見ていきましょう!

味覚と亜鉛

味覚障害を引き起こす原因として、味の濃い食事を大量に食べることや、ストレス、過剰な喫煙もあげられますが、一番の理由は、ある栄養素が不足していることです!

味覚を感じる味蕾という細胞は、短い周期で生まれ変わっており、なんと3日で味覚は変化すると言われております…!
ターンオーバー(細胞の生まれ変わる周期)はお肌では28日と言われているので、それと比べると味蕾の周期の早さはカラダの中でもピカイチです!!

細胞が生まれ変わる際に、たくさん必要とされる栄養素は、亜鉛です!
つまり、亜鉛が不足すると味蕾の細胞も生まれ変われなくなり、味覚が正常に保てなくなってしまうのです。
亜鉛は、味蕾のターンオーバー(細胞の生まれ変わる周期)を正常にすることに使われること以外にも、ストレス、喫煙などの生活習慣によっても大量に消耗されていきますので、日頃からしっかり補っておきたいですね☆

亜鉛を多く含むのは、旬の牡蠣!

亜鉛を多く含む食材といえば、牡蠣ですね!
カキ鍋、カキフライ、焼き牡蠣…想像しただけでも美味しいです!!(笑)

牡蠣の亜鉛含量は、100g中13.2mgと断トツに多いのです。牡蠣1個は約20gですから、牡蠣を5個程度食べれば十分に亜鉛が補給できます。
(亜鉛のお勧めの摂取量は、成人男性では12㎎、成人女性では9㎎です。)

しかし、牡蠣を毎日の食卓で用意することや、外食で食べ続けることも現実的ではないですね。

以下に、亜鉛を含むサプリメントをご紹介致します。
寒い冬、濃い味の料理になりがちな方、ストレスに負けたくない方は、
手軽に毎日、取り入れて頂くことをオススメします♪♪

食材本来の味で十分に美味しいと感じるような味覚を手に入れれば、自然と減塩効果も期待できますね!!
まだまだ続く寒い冬ですが、しっかり食べて元気に乗り越えましょう♪

☆伊藤オススメ栄養素☆

■┓ ジンク(亜鉛)
┗┛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
海藻から抽出した亜鉛です。
外食が多い方、味の濃いものがお好きな方に。

■┓ カル&マグ ミネラル
┗┛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
微量ミネラルもしっかり補えます。
健康美を目指すすべての方に。
  

■┓ ヘルシープラス
┗┛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
毎日簡単に続けられるように一日分を1パックにしました。
より健やかでアクティブな毎日を。